サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 丸紅、エアモビリティ事業でeVTOL手がける英国バーティカルエアロスペースと業務提携 日本での事業化を検討

ここから本文です
 丸紅と子会社の丸紅エアロスペース(遠矢源太郎社長、東京都千代田区)は24日、電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発を進める英バーティカルエアロスペースとエアモビリティに関する新規事業の創出に向けて業務提携契約を締結したと発表した。eVTOLをはじめとしたエアモビリティの日本国内における市場調査や事業化への検討などを行う。

 今回の提携では、国内の市場調査や機体認証に関する課題の調査、運航サービスに必要な離発着ポートなどのインフラ構築に向けた調査などに取り組む。エアモビリティの事業化に向けては、機体の開発や運航に関するルールづくりが欧米を中心に急速に広がっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ