サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT第8戦富士|決勝レポート(GT500):36号車auトムスが優勝! 大逆転で王者に輝く。1号車スタンレーはアクシデントで連覇ならず

ここから本文です
 スーパーGTシリーズ第8戦(最終戦)の決勝が11月28日に富士スピードウェイで行われ、レース序盤の13周目にトップに立った36号車au TOM’S GR Supra(関口雄飛/坪井翔)が優勝。逆転でGT500クラスのチャンピオンに輝いた。終盤の50周目まで4番手を走行し、連覇をほぼ手中にしていた1号車STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)は、51周目の1コーナーでGT300車両と接触され、車両にダメージを抱えてピットイン。痛恨のノーポイントに終わり、連覇を逃す結果となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ