サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ田辺TD「2戦連続クラッシュが起き、残念な締めくくり」も後半戦への闘志を燃やす/F1第11戦決勝

ここから本文です
 2021年F1ハンガリーGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは10位、セルジオ・ペレスはアクシデントに巻き込まれ、0周リタイアだった。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは6位、角田裕毅は7位だった。この順位は暫定リザルト。2位フィニッシュのセバスチャン・ベッテルの失格裁定に関して、アストンマーティンは上訴の意志を正式に示したため、その結果によってリザルトが確定される。

 スタート直後、路面が濡れたコンディションのなか、2番グリッドのバルテリ・ボッタス(メルセデス)がミスをしたことで多重クラッシュが発生。レースは赤旗中断となる。

おすすめのニュース

サイトトップへ