サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産 内田社長「確実に輝きを取り戻しつつある」…第1四半期は黒字転換し通期も上方修正

ここから本文です

日産自動車は7月28日、2022年3月期の第1四半期(4~6月期)連結決算をオンライン会見で発表した。グローバルでの大幅な販売回復により、営業利益は757億円(前年同期は1539億円の赤字)と黒字転換した。通期予想も上方修正した。

第1四半期のグローバル販売は、63%増の104万8000台となった。海外は市場の回復や新モデル効果などで北米が70%増の38万台、中国も71%増の35万台と主力2地域で大幅に増加した。日本は半導体不足の影響もあって7%増の9万台だった。

この結果、営業損益段階では販売増による増益要因が1932億円に達し、黒字転換を支えた。

おすすめのニュース

サイトトップへ