サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレンF1代表、赤旗中断時のルール変更が必要と主張。ノリスが”タイヤ交換義務”消化で大損

ここから本文です

 先日行なわれたF1サウジアラビアGPの決勝レースで、マクラーレンのランド・ノリスはセーフティカーが出動した際に真っ先にピットに飛び込み、タイヤ交換を行なった。しかしその後、セーフティカーは赤旗中断に切り替えられたことで、ノリスは実質的な順位を落とすことに……ノリスは赤旗中断に関するレギュレーションは不公平だと主張している。

 マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表もこのノリスの主張を指示。見直しを進めていくべきだと語った。

■ノリス、赤旗中のタイヤ交換ルールに不満「不公平なルールだし、僕のレースは台無し」

 ノリスは予選Q3に進出した10人のドライバーの中で、唯一ソフトタイヤでQ2を突破したドライバーだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ