サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ダカール・ラリー7日目:カルロス・サインツSr.最速で走行し首位堅持。フェルナンド・アロンソ6番手

ここから本文です

ダカール・ラリー7日目:カルロス・サインツSr.最速で走行し首位堅持。フェルナンド・アロンソ6番手

ダカール・ラリー7日目:カルロス・サインツSr.最速で走行し首位堅持。フェルナンド・アロンソ6番手

 2020年ダカール・ラリーの7日目。この日のステージ、リヤド~ワディ・アド・ダワシール間はイベント中最長となる546kmステージだったが、3回目のダカール制覇を目指すカルロス・サインツSr.(X-Raidミニ)が最速で駆け抜けた。

 昨年勝者のナサール・アルアティヤ(トヨタ)が、前半を終えたところでは最速をマークしていた。しかし後半セクションになるとサインツがペースアップ。フィニッシュ地点ではアルアティヤを先行することになった。

■ダカール・ラリーで死亡事故。二輪のベテランライダー、ゴンカルベス亡くなる

 この結果、サインツは2番手のアルアティヤに対して、ちょうど10分のリードを積み上げることになった。

 この日3番手となったのは、もう1台のX-Raidミニを駆る、ステファン・ペテランセル。ペテランセルは走行中にサインツに追いつかれてしまうシーンもあったが、すぐに進路を譲り、自身もタイムロスを最小限に抑えた。結局この日は首位から2分53秒の遅れ。総合では19分の遅れとなっている。

 トヨタのベルナール・テン・ブリンケは、ペテランセルから5秒遅れでこの日4番手となった。

 ダカール・ラリー初挑戦のフェルナンド・アロンソ(トヨタ)は、サインツから7分49秒遅れでステージを走破。この日6番手となった。2日目のクラッシュによって一時大きく後退したアロンソだったが、総合でも15番手まで盛り返している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します