サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱の次期型ハイト軽ワゴンか?SUPER HEIGHT K-WAGON CONCEPTを東京モーターショー2019に展示

ここから本文です

三菱の次期型ハイト軽ワゴンか?SUPER HEIGHT K-WAGON CONCEPTを東京モーターショー2019に展示

三菱の「SUPER HEIGHT K-WAGON CONCEPT」のコンセプトは、「いろいろなところに行ってみたい、もっと遠くまで行ってみたい」というもの。ekワゴンのフルモデルチェンジ、eKクロスの登場など、eKシリーズに大きな変革があった2019年。両側スライドドアの軽ワゴンも発売間近か?東京モーターショー 2019にてチェックした。文・CarMe編集部/写真・宮越孝政

フロントフェイスにはお馴染みになりつつある三菱のフロントデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」を採用。サイドビューを見てみると、ロングホイールベースを活かしたキャビンシルエットと、キャラクターラインが力強い印象を受けさせる。ボディカラーはeKシリーズでも既に採用されている、ルーフとボディで色を分けて2トーンとし、展示車には、オリーブグリーンとホワイトの2トーンを採用し、ルーフレールにはシルバーを配色していて、引き締まった印象を受ける。

もう新型と呼べる?スズキ ハスラーコンセプトが東京モーターショー2019で初披露!

スーパーハイトワゴンならではの広い室内に加え、クラストップレベルのリヤドア開口部と後席足元空間を実現していることで使い勝手も有する。インテリアはブラウンを基調。オレンジ色が差し色として配色されていて、落ち着いた雰囲気のなかに明るさがあり好感がモテる。
また、eKシリーズに採用されている高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」や、衝突被害軽減ブレーキシステム、踏み間違い衝突防止アシストなどの「e-Assist」も装備されている。

三菱eKクロス スペース/eKスペースとスバルレヴォーグSTIを担当者自ら解説!また、特務機関NERVの災害対策車両も登場!【東京オートサロン2020】

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します