サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 旅先で絶対に食べたい〈ご当地グルメ〉10選!! 元ツーリング雑誌編集者が衝撃を受けた、もう一度味わいたい料理をご紹介します!

ここから本文です

旅先で絶対に食べたい〈ご当地グルメ〉10選!! 元ツーリング雑誌編集者が衝撃を受けた、もう一度味わいたい料理をご紹介します!

日本は狭いようで広い、まだまだ現地に行かないとちゃんと食べられないご当地グルメがある!
ど~も、こんにちは、もしくはこんばんは! webオートバイ編集部員の西野鉄兵です。

僕は以前、「アウトライダー」というバイクツーリング雑誌を作っていたのですが、ここへ移り約8カ月たちました。

ライバル対決! スズキ KATANA / カワサキ Z900RS / ホンダ CB1100RS を乗り比べ!

webオートバイ編集部は新橋にあり、サラリーマンのランチスポットにことかかず、この8カ月で約10kgも肥えましたよ! イエイイエイ!

今回は、そんな激太りライダーがおすすめする、あなたを激太りさせるかもしれない絶品飯をご紹介したいと思います。

個人的に選ぶにあたり、こだわったポイントは2つ。

1.味と感動が思い出せる旅飯であること。

2.調理の手が加わっていること。

まず思い出したのは、北海道余市で食べたウニ丼でした。たぶんいままで食べたものの中で、一番美味かった……。美味すぎて、一杯3000円もするのにお代わりしてしまいました。

さらに静岡県用宗港の生シラス丼。これも美味かった。しかも600円と安かったため、こちらは気兼ねなく2杯食べられました。

だけど、今回はあえて、これらは外します! 素材の味を活かした海鮮丼系はそれだけで10選作れてしまうから! それらは、また次回にします。

というわけで、いってみましょう!

(1)三重県「四日市とんてき」/肉の塊を食らう、これぞスタミナフード!
肉食いてえぇぇぇ、と思った時、必ず思い出すのが、四日市とんてき。

工場夜景でも有名な三重県四日市市の名物ですね。とんてきは、豚肉のステーキです。

味付けはお店によって違うようですが、ニンニクとウスターソースが混ざった濃い味が僕はたまらなく好きで、人気店「まつもとの来来憲」さんによく行っています。

野球のグローブのような分厚い肉を噛みしめたとき、あふれ出る肉汁と染みたタレ。

ご飯が進みすぎてすぐなくなっちゃうよお~。

だけど定食で頼めば、ライスも豚汁もキャベツもお代わりOK。最高です。

最近では、東京にも「四日市とんてき」インスパイア系の定食屋さんが現れてきましたが、本家を超えるものには出会えていません。

鈴鹿サーキットに行かれるときにも寄れる距離なので、ぜひ!

(2)山形県「冷やし肉そば」/夏場に食べたい一気飲み蕎麦!
山形県ってじつはすっごく暑いんですよね。とくに山形市周辺。

気温35度の天童市で食べたこの「肉そば」(冷やし)は忘れられません。

シンプルにいえば、かけそばの冷たい版ですが、透き通り方が違いました。

水のようにつゆをがぶがぶ飲み、麺も一緒に勢いよくすする……。たぶん2分くらいで完食し、隣のお客さんが露骨に引いていたのを覚えています。

山形県は冷やし文化が進んでいる地として有名ですよね。冷やしラーメンも美味かった。やっぱり肝は水。

後日、帰宅するなり同じように自宅で作ってみたのですが、シンプルにまずかったです。東京であまり広まらない理由がわかりました。

ぜひ、暑い時期に味わってみてください。ちなみに「冷やしシャンプー」も山形が発祥です。

(3)長野県「上田のあんかけ焼きそば」/独特な触感と甘みがクセになる!
ツーリングライダーの聖地である信州でも、上田市のあんかけ焼きそばを知る県外ライダーは少ないのではないですかね。

僕もつい2年前に知った絶品グルメです。

あんかけ焼きそばというと、長崎のかた焼きそばを思い浮かべがちですが、ここの麺の触感は、いい意味でゴムっぽい。

噛み切りにくい絶妙な硬さの麺に、甘みのあるあんが絡まり、幸せな気持ちになります。

ちなみに上田ではこのあんかけ焼きそばとラーメンをセットで頼む人も多く、「おいおい嘘だろ」とカルチャーショックを受けました。

まだ「セット食い」は試していませんが、どのような味のハーモニーを奏でるのか、気になるところです。

上田は、真田家ゆかりの上田城の城下町で、駅から離れた場所にディープな繁華街が広がっています。

美味だれ焼き鳥」という居酒屋で絶対食べてほしい、夜の絶品ご当地料理も。

ぜひ信州泊まりがけツーリングで、上田を堪能してみてください!

(4)高知県「鍋焼きラーメン」/アツアツであることの美学
続いては絶景ロード「横浪黒潮ライン」がある須崎市のご当地グルメです。

これは冬に食べたい料理。なにせ、とにかく熱い。

器がぐつぐつした土鍋ですからね。

鶏の出汁がきいた醤油味。見た目よりも旨味が強く、塩分多めでクセになりました。

汗をダラダラかきながら食べてたのを覚えています。口の中に残るしょっぱみ、がいまだ忘れられません。

ふと「アア、アレ、モウイチド、タベタイ……」と思い出す、脳裏に焼き付く系ラーメンです。

(5)福井県「鯖のへしこ」/一切れでご飯一膳・ビール一杯いけちゃう味の濃さ!
しょっぱいということでは、こちらも忘れられません。

鯖を塩漬けにしてからの、ぬか漬けにされた福井県の郷土料理・保存食です。

食べたことがある人はわかると思います。

写真を見ているだけで、口の中に唾液があふれてきます。

それだけしょっぱい。一切れでご飯一膳、余裕です。福井県はお米も美味しいから、もうそれだけで大満足。もちろんビールや日本酒との相性も抜群です。

北陸の海岸沿いをツーリングする際は、ぜひ。

へしこ一切れがかけがえのない旅の思い出となるでしょう。

(6)青森県「イカの沖漬け」/濃縮された旨味、それは豊かな海の味!
へしこと似たようなものでパッと思い出したのが、青森県八戸で初めて食べた「イカの沖漬け」。

漁船で獲れた直後、漬けダレにイカを放り込んで作られたから「沖漬け」と呼ばれています。

実際に僕が食べたのも、漁船で漬けられたものでした。

こちらもとにかく旨味が凝縮していて、味が濃い、しょっぱい、美味い、ビールが進む!!

食べた場所は、八戸市にある屋台村「みろく横丁」。色白の可愛いバイトちゃんが働く小さなお店でした。

ああ、彼女もおそらくもうアラサー。僕も白髪が生えてくるわけです、ってなことを思い出せるイカの沖漬け。

八戸の夜は楽しいですよ。あなたにとっての「思い出の沖漬け」が待っています。

(7)福岡県「焼きカレー」/子供から大人まで絶対好き!絶対!
焼きカレーは、北九州市門司の名物です。

門司は、関門トンネルをはじめ、長距離フェリーの玄関口にもなっているので、九州ツーリングの最初か最後に立ち寄りやすい場所。

ここで食べた焼きカレーは、泣けるほど美味かった……。

いまでこそ、こじゃれたお店で出したりしていますが、当時大学生の西野青年はこんなハイカラな食べ物初めて見ました。

「これだけは食いてえ」と、雨の門司、レンガの街並みでバイクを止めました。

オーブンで焼かれるため、外も中もアツアツ。カレーの匂いの中に、チーズがとろける香ばしさが混じる。一口目から……むちゃくちゃ美味い!!

お店の名前は憶えていません。だけど、次行ったとき必ず見つけ出して、あの美味さは本物だったのか確かめるつもりです。北海道余市のウニ丼を知る大人になった舌でもう一度食べてみたいです。

(8)岩手県「盛岡じゃじゃ麺」/なんて自由な食べ物なんだ!
盛岡は独特な麺文化を持つ街で、「盛岡三大麺」というものがあります。

わんこそば、冷麺、そしてこの「じゃじゃ麺」です。

ジャージャー麺とはちがいますよ。使われる麺はうどんのような白い麺です。これに特製の肉味噌ときゅうりやネギをまぜまぜして食べます。

これ、きっとバイクのカスタムが好きな人にぴったりの料理です。

食べ進めながら、ラー油や生姜、ニンニク、さらにお酢を少しずつ投入。じわじわと味変させていきます。

最終的に、「何を食べているのかよくわからないけど、美味い!」となれば成功だと思います。

そして、最後はいい感じに食べ散らかしておくのがポイント。

麺を食べ切ったお皿に卵を割って、ゆで汁を入れてもらいます。これが食後のスープ「チータンタン」です。

ホントにこれで合ってるの? よそ者だから、だましているんじゃないか……と不安になりながら飲んだチータンタン……美味でした。

(9)岡山県「カキオコ」/この美味さ、まさに鉄板!牡蠣×お好み焼き
ああ、これは絶対に美味いやつだ……と思ったらやっぱり美味すぎた系の料理。

瀬戸内海に面した岡山県備前市日生のご当地グルメ。牡蠣入りお好み焼きの略称で「カキオコ」です。

西日本のお好み焼きは、ホントに美味しいですからね。そこに牡蠣がいくつも入っちゃう。美味くないわけないでしょ。

ただ牡蠣は季節もの、真の美味さを味わいたければ、冬。特に11月~2月が旬です。

瀬戸内は温暖な気候ですから、冬のツーリングにもぴったり。

日生から約30分、瀬戸内市牛窓の海風景とともに、ソースにまみれた牡蠣の旨味が忘れられません。

(10)沖縄県「ゴーヤチャンプルー」/毎日食べられる本場のちょうどいい味
さあ、いよいよラスト! 沖縄です。沖縄の食べ物が好きすぎて、何にしようか迷いましたが、やっぱり王道「ゴーヤチャンプルー」にしました。

ソーキそばも美味しいし、ソーミンチャンプルーも、タコライスもスパムおにぎりも大好きです。

ただ、お茶碗片手にゴーヤチャンプルーをかっ食らったのが、沖縄旅の一番の記憶でした。

雰囲気のいい昔ながらの食堂を見つけては「ゴーヤチャンプルー定食」を食べていました。600円くらい。

沖縄は食べ物も安いし、レンタルバイクも安い。だから行ってさえしまえば、旅しやすいエリアです。夜の飲み処にも事欠きませんしね。

本場のゴーヤチャンプルーは、どこも素朴で少し不思議な味わいでした。濃いような薄いような、しょっぱいような物足りないような……。

それが絶妙な味付け、毎日でも食べられる地元仕様ってことでしょう。

あなたもぜひ、本場の定番料理を味わってみてください!

以上、独断と偏見と思い出の深さで選ばせていただいた、編集部員西野の旅グルメ10選でした。

この旅飯シリーズは、これからも続けていこうと思います!

文:西野鉄兵