現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ブレーキシステムの要!? マスターシリンダーとブレーキホースのカスタマイズ~カスタムHOW TO~

ここから本文です

ブレーキシステムの要!? マスターシリンダーとブレーキホースのカスタマイズ~カスタムHOW TO~

掲載 8
ブレーキシステムの要!? マスターシリンダーとブレーキホースのカスタマイズ~カスタムHOW TO~

多くのクルマで使われているディスクブレーキ。回転するローターにパッドを押し付けて、その摩擦力で速度を落としている。

◆キャリパーカスタムは当たり前
先を突き詰めれば“マスターシリンダー”が重要!
ブレーキパッドや、そのパッドをローターに押し付けるキャリパーのカスタマイズはよく見られる。ホイールの中で見える部分なのでドレスアップの意味でキャリパー交換をする人も多い。しかし、ブレーキのフィーリングを詰めるには忘れてはならないのがマスターシリンダーである。

動を極限まで抑える!? パフォーマンスダンパーと新たなボディ補強の光明~カスタムHOW TO~

ブレーキは足でペダルを踏むとペダルの根本でマスターシリンダーを押し込む。ここには注射器のようなものがあり、その内部のピストンをペダルで押すことでブレーキオイル(フルード)が押され、その圧力がブレーキキャリパーに伝わり、キャリパー内部のピストンを押してパッドがローターに押し付けられる。

この注射器であるマスターシリンダーはブレーキフィーリングを左右する重要なパーツ。ちょっと古めのクルマでブレーキタッチがおかしい場合、マスターシリンダーが劣化していることがある。オーバーホールするか、新品交換することでブレーキタッチがしゃきっとすることも多い。また、経年劣化でフルードが滲んできたりすることもあるので、車歴10年くらいになったらメンテナンスをしてもいい頃だ。

ブレーキを踏むとマスターシリンダーが押される。そこでわずかにマスターシリンダーごと前方に動いている。これを抑えることでブレーキタッチをよくしようというのがマスターシリンダーストッパーと呼ばれるパーツ。

ストラットタワーバーとセットになっていることもあり、マスターシリンダーの前方を固定する。ブレーキタッチは剛性感が出て、踏み込んでもペダルが奥に入っていく感じが減って、グッと頼もしくなったと感じられる。

さらにブレーキタッチを変えるにはマスターシリンダーごと交換する方法もある。これは意図的にマスターシリンダーの径を大きなものに交換するチューニング。ブレーキペダルのストローク量を減らして、ペダルタッチは硬くなる方向になる。

これによってペダルの剛性感もアップするし、強く踏み込むことで効くブレーキになる。この方が繊細なブレーキコントロールがしやすくなるのだ。

◆究極のブレーキカスタマイズ“マスターバックレス”ってなに?
そして、究極のブレーキマスターチューンとしてはマスターバックレスがある。ブレーキはマスターバックと呼ばれるエンジンの負圧を使った倍力装置で、ペダルで踏んだ力を増幅している。

これは市販車のほぼ100%に採用されているもの。しかし、レーシングカーではこのマスターバックを外していることや、そもそも付いていないことが多い。倍力装置は軽い力でブレーキが効くようになるが、裏を返せば繊細なコントロールがしにくい。

レーシングカーではマスターバックなしで、ダイレクトにペダルからマスターシリンダーに力を伝えることで、より強い力で踏まないとブレーキが効かない。これはたとえば20kgの力でブレーキを踏むとABSが入るのと、80kgの力で踏むとABSが入る場合、80kgの方が力は必要だがABSが入るギリギリの1kg、2kgの細かい力の調整がしやすい。すなわち繊細なことロールができるということ。

そこでレーシングカーでは多くの場合、マスターバックが付けられておらず、強い力でブレーキを踏んでいるのだ。

だが、マスターバックレスにすると、それに応じてブレーキパッドも初期から効きが強いタイプの方が使いやすいとか、瞬間的にブレーキを踏むときにも力が必要なので、慣れていないととっさにブレーキを踏んだときになかなか減速できないなど危ないこともあるので、公道での使用はオススメはできない。法律上は問題ないが、究極のサーキット向けチューニングとして捉えていただきたい。

ブレーキのカスタマイズといっても、パッドやキャリパーだけでなくマスタシリンダーも重要な要素。加えてブレーキホースのチューンもフィーリングには大きく影響する。純正のゴム製ブレーキホースは踏んだときの圧力でホース自体が膨らむのでフィーリングがグニャッとしやすい。

そこでゴムホースのまわりに金属メッシュを覆ったものを使うことで、ブレーキを踏んだときにホースが膨張せずカッチリしたペダルフィーリングになるのだ。

ブレーキホースもマスタシリンダーと同様に10年ごとくらいの周期でリニューアルしてもらいたい。すでに金属メッシュホースを使っているとしても、そのホースが10年近く使われていたら新品にリフレッシュしてもらいたい。なにかトラブルが起きると重大なクラッシュなどになるのはもちろん、出先でちょっとしたトラブルで自走できなくなってしまうのがブレーキ周りのパーツだけに予防整備をしておきたい。

関連タグ

こんな記事も読まれています

【買っておきたい21世紀名車】速さを研ぎ澄まし、安心の一体感を追求したシビック・タイプR(FL5型)の肖像
【買っておきたい21世紀名車】速さを研ぎ澄まし、安心の一体感を追求したシビック・タイプR(FL5型)の肖像
カー・アンド・ドライバー
スズキ「快適軽ワゴン」がスゴい! 6年ぶり全面刷新で“クラス超え”「豪華リアシート」採用! “日本イチ売れてる”「スペーシア」の特徴は?
スズキ「快適軽ワゴン」がスゴい! 6年ぶり全面刷新で“クラス超え”「豪華リアシート」採用! “日本イチ売れてる”「スペーシア」の特徴は?
くるまのニュース
赤と白の「ロータリーエンジン搭載スポーツカー」再び実車展示! 市販化の可能性が急上昇!? マツダ「アイコニックSP」の魅力とは
赤と白の「ロータリーエンジン搭載スポーツカー」再び実車展示! 市販化の可能性が急上昇!? マツダ「アイコニックSP」の魅力とは
VAGUE
ほぼ初体験のサルト・サーキットも「目標は優勝」。強力な体制を得て小泉洋史がル・マンに挑む
ほぼ初体験のサルト・サーキットも「目標は優勝」。強力な体制を得て小泉洋史がル・マンに挑む
AUTOSPORT web
フル充電まで1.5時間! 急速充電のポータブル電源『PowerArQ S10 Pro』に新色ブラックが登場
フル充電まで1.5時間! 急速充電のポータブル電源『PowerArQ S10 Pro』に新色ブラックが登場
月刊自家用車WEB
23年ぶり復活!? ホンダ新型「プレリュード」に絶えぬ反響! 美麗すぎる「スペシャリティクーペ」どんなモデルになるのか
23年ぶり復活!? ホンダ新型「プレリュード」に絶えぬ反響! 美麗すぎる「スペシャリティクーペ」どんなモデルになるのか
くるまのニュース
クルマのバックモニターが義務化されたって知ってた? 非装着車にも後付けが必要?
クルマのバックモニターが義務化されたって知ってた? 非装着車にも後付けが必要?
月刊自家用車WEB
ホンダ「新型軽バン」発表! 斬新「“黒すぎ”ボンネット」&めちゃカッコイイ“デカール”設定! 新型N-VAN e:用「純正アクセ」10月発売
ホンダ「新型軽バン」発表! 斬新「“黒すぎ”ボンネット」&めちゃカッコイイ“デカール”設定! 新型N-VAN e:用「純正アクセ」10月発売
くるまのニュース
豊田章男会長が「喜一郎じいちゃん」に会いに行く!? クルマ好きは必読の価値あり 『トヨタの子』から読み解くトヨタの真髄
豊田章男会長が「喜一郎じいちゃん」に会いに行く!? クルマ好きは必読の価値あり 『トヨタの子』から読み解くトヨタの真髄
ベストカーWeb
ヤマハ「シグナス グリファス」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ヤマハ「シグナス グリファス」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
初ル・マンで好調維持する宮田莉朋。欧州で身につけた“新たなメンタル”も武器に
初ル・マンで好調維持する宮田莉朋。欧州で身につけた“新たなメンタル”も武器に
AUTOSPORT web
青好き必見! ブルーのボディとインテリアが個性的なダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
青好き必見! ブルーのボディとインテリアが個性的なダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
ええ、[ジムニー顔]イグニス販売終了!! スズキの歴史凝縮デザイン&乗ればいいクルマだったのに!! 隠れた名車説を追う
ええ、[ジムニー顔]イグニス販売終了!! スズキの歴史凝縮デザイン&乗ればいいクルマだったのに!! 隠れた名車説を追う
ベストカーWeb
打倒[アルファード]なんて考えるな!! デリカはそのままでいいの!! 新型デリカも我が道行け!
打倒[アルファード]なんて考えるな!! デリカはそのままでいいの!! 新型デリカも我が道行け!
ベストカーWeb
アタック失敗の可夢偉を立ち直らせた1本の電話「気負わず、思いっきりやってくれ」/ル・マン24時間
アタック失敗の可夢偉を立ち直らせた1本の電話「気負わず、思いっきりやってくれ」/ル・マン24時間
AUTOSPORT web
パイオニア 立体音響デモカーなど“音”に拘った技術を披露!「OTOTEN2024」出展
パイオニア 立体音響デモカーなど“音”に拘った技術を披露!「OTOTEN2024」出展
グーネット
GTWCアジア/ジャパンカップの『SRO GTパワーツアー』富士には12メーカー49台のGTが集結へ
GTWCアジア/ジャパンカップの『SRO GTパワーツアー』富士には12メーカー49台のGTが集結へ
AUTOSPORT web
無限 ホンダ・ヴェゼル専用設計サンシェード発売!紫外線による車内劣化を防止
無限 ホンダ・ヴェゼル専用設計サンシェード発売!紫外線による車内劣化を防止
グーネット

みんなのコメント

8件
  • jli********
    昔の愛車はNAだったがターボ用ブレーキを移植するのが定番チューンだった。制動力向上とか容量アップとか言ってたけど、サーキットでもなきゃ純正のキャパで問題なくて、実はデカいブレーキカッコいい!という人が自分含めほとんどだったと思う。
    ローターキャリパーデカくして見た目はいいけど、マスターシリンダそのままだからペダルは奥に入ってふにゃふにゃだし突然制動力立ち上がってコントロール性ガタ落ち。みんなこんなんで平気なの?と思い聞いてみるとやはり皆さん不満ではあったがカッコ優先w
    ターボのMCは構造違って移植できず、海外のフォーラムで別のMC流用を教えてもらって取り付けた。当たり前だけど正しいサイズになってようやくまともに踏めるようになったが、ブレーキデカく重くなりホイールもデカく重くしてたら今度はサスが追いつかない。これはきりがないと見た目チューンを捨て純正に戻すと、車がすごく軽快に動くようになった。
  • 654
    膨張しないようにゴムホースをステンメッシュで覆ったもの…だと…
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村