サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーGT】GT500最終決戦、1号車山本が優位か。8号車ARTAは淡々と準備、17号車Astemoは苦戦も諦めず

ここから本文です
 2021年のスーパーGTも、11月28日に富士スピードウェイで行なわれる第8戦が最終戦となった。GT500クラスは、現時点で6チーム11名にタイトルの可能性が残されている。

 中でも、ポイントリーダーの山本尚貴(1号車STANLEY NSX-GT/60ポイント)は予選を終えて優位な状況にいる。1号車は予選Q1で山本の相方である牧野任祐が目の覚めるようなアタックを見せてトップ通過(注:牧野は57ポイントでランキング2番手となっているため、ドライバータイトルの可能性は残っていない)。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ