サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 角田裕毅、エミリア・ロマーニャGP予選Q1で痛恨のクラッシュ「プッシュしすぎた……馬鹿げたミスだった」

ここから本文です

 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は、エミリア・ロマーニャGPの予選Q1最初のアタックでクラッシュ。予選をノータイムで終えることになった。

 このクラッシュについて角田は、次のようにSkyのインタビューに語った。

■F1エミリア・ロマーニャGP予選速報:レッドブル及ばずハミルトンPP。角田裕毅はクラッシュで最下位

「正直言って、コーナーの入り口でプッシュしすぎてしまっただけです」

 角田はそう語った。

「それまでのラップは、実は素晴らしいモノでした。1セットのタイヤで、簡単にQ1を突破できたと思います。少し興奮しすぎてしまいました。僕としては、馬鹿げたミスだったので、チームには本当に申し訳ないと思っています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン