サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス・ベンツの考える、環境問題に対する未来への道筋とは

ここから本文です

変化するクルマの価値観と安全第一の両立

 環境問題に対するメルセデス・ベンツのゴールは、排出ガスのないモビリティへの道筋であり、弛まぬ研究による環境革新技術によってすでに明白である。

1970~1990年代で見るメルセデス・ベンツの疑問「なぜシートは硬くてハンドルが大きい?」

 つまり、2007年からは低燃費・低公害技術「Blue TEC ・Blue EFFICIENCY」、2009年からはハイブリッド技術「Blue HYBRID・Blue TEC HYBRID」による低公害に、そして2011年以降は電気及び燃料電池「E-CELL・F-CELL」によって無公害へ。これが、環境に対するメルセデス・ベンツの未来の道筋だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ