サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「ベッテルからは“まだまだ”学べる」ルクレール、同僚が良い参考に?

ここから本文です

「ベッテルからは“まだまだ”学べる」ルクレール、同僚が良い参考に?

「ベッテルからは“まだまだ”学べる」ルクレール、同僚が良い参考に?

 2019年にフェラーリへ加入したシャルル・ルクレール。F1キャリア2年目にしてトップチーム入りを果たすと、彼はチームメイトで4度の世界チャンピオンでもあるセバスチャン・ベッテルと互角以上に戦った。

 ブラジルGPでベッテルと同士討ちするなど、シーズン中は何度か論争を呼ぶシーンもあったが、ルクレールは最終的にポールポジション獲得回数、勝利数、そしてポイントランキングでもベッテルを上回ってみせた。

■ルクレールはF1王者の器か。アルファロメオ代表「自己批判の精神は重要」

 ルクレールはベッテルとコンビを組むことについて、自身に必要な仕事について気付かされることが多くあり、ポジティブなことだと語った。

「僕はたくさん、本当にたくさんの事を彼から学んでいる」と、ルクレールはベッテルとチームメイトとなることについて語った。

「つまり、彼はきわめてプロフェッショナルなドライバーで、細部に至るまで取り組んでいる。それにセブはとても素敵な人だよ」

「僕らは一緒に上手く働いている。当然、トラック上でもそうだ。一緒に学んでいった。ただまあ、ブラジルGPでの接触のようなことは、再び起こらないことを望んでいる」

「でも結局、僕らは十分に成熟していると思うし、マシンを降りたら協力して取り組んで、正しい方向にマシンを開発しようとしている」

「ただ、彼のエンジニアやチームとの取り組み方からは、多くを学んだし、依然としてたくさんの事を学んでいけると思う」

「さっきも言ったけど、彼は細かいところまで気を配っている。僕が役に立たないと思ったことでも、彼は何でもエンジニアに言う。時々僕は1時間くらい彼がセッションについてなんて話しているか聞いているんだ。とても興味深いよ」

 2019年のフェラーリは結局タイトルへ挑むことができずに終わった。2021年からは大きなルール変更があるため、2020年は狭間の年となってしまうが、ルクレールは上手く行けばチャンピオンシップを争えるという野望を抱いている。

「2020年はとても重要な年になると思う。予算上限が導入される2021年に備えて、多くの投資を行なうだろうからね」

「重要な1年になると思っているから、2021年に向けてできる限り準備をするつもりだ。上手く行けば、僕らはチームと共にチャンピオンシップを勝つための適切なクルマを作り上げるだろう」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します