サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス・ベンツSクラス次期型、偽装少なく ホイールベースを一本化 EQSと2本立てに

ここから本文です

メルセデス・ベンツSクラス次期型、偽装少なく ホイールベースを一本化 EQSと2本立てに

新型Sクラス、CLS風のエクステリアに

メルセデス・ベンツは来年、Sクラスのフラッグシップ・サルーンを新世代に移行する。

【画像】入手した次期型Sクラス試作車 全29枚

このたび、カモフラージュが少な目のプロトタイプの写真が新たに公開された。

BMW 7シリーズのライバルとなる第7世代Sクラス。最新の画像では、全体的なプロファイルが明らかにされている。

従来モデルの曲線的な表面はそのままだ。ただし、フロントエンドは最新世代のCLSにインスパイアされたライトで再設計されている。

スタイル的には、新型のSクラスは新境地を開くことになると言われている。

メルセデス・ベンツデザインスタジオの情報筋によれば、それは全く新しい世代のモデルに影響を与えるインパクトがあるそうだ。

独特のトライバンドLEDマルチビームヘッドライト。クラシックなメルセデス・ベンツに新しい解釈を加えたようなグリル。空力特性向上のため車体に戻るドアハンドル。プロトタイプ車両のスパイショットでは、それらのデザインが特徴的だ。

インテリア、大型スクリーンをキャッチ

スパイ写真家は以前、プロトタイプ車両の内装をキャッチしている。

テスラスタイルのディスプレイは、メルセデスの従来モデルよりもかなり大きい。そして、その下半分は空調制御機能専用となっており、下にタッチセンサー式のショートカットメニュー・ボタンが並んでいることが見て取れる。

すでにAクラスに搭載された新型MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)の更なるアップデートによって、機能と使いやすさは一段と向上するだろう。

同時に、ブランドのトレードマークであるデジタルダイヤルも表示される。

快適さとテクノロジー、ライバル凌駕

メルセデス・ベンツは、第7世代のSクラスに新しい電動パワートレインと高度なドライバーアシスト機能を備えることによって、技術的ノウハウにおける最先端の地位を取り戻そうとしている。

快適さとテクノロジーは、アウディA8やBMW 7シリーズなどのライバルを凌駕するレベルを目標としている。

来年イギリスのショールームで発表予定の新しいフラッグシップ・サルーンは、明確に異なる2つのモデルをサポートするために初めて開発された。

標準バージョンはPHVの範囲内だが、空気力学的に最適化された純粋なEVバージョンの公開も計画されている。

内部関係者によれば、後者は新しい電気自動車のサブブランド「EQ」のフラッグシップモデルとなる模様。

2022年発売予定の新型EQSは、最新のWLTPテストサイクルの航続距離499kmを超えて販売される。新型SクラスのPHVバージョンは、非永続ながら最大99.8km実現可能なゼロ・エミッション機能、そしてオプションとして新しく開発した「4マティック」を搭載。状況に応じてフロントアクスルとリアアクスルのモーターを使い分ける可変的四輪駆動システムだ。

EQSはメルセデス・ベンツの90億ポンド(1兆2400億円)の投資計画の一部。今後6年以内に10台以上のEV専用車をイギリス市場に導入予定。

ホイールベースは1種に EQSと2本立て

同社はさらに、内部コードネームW223の下で「2つの異なるホイールベースを持つ標準Sクラスを提供する」という長い伝統を廃止したと伝えられている。

現段階では公式な発表はないが、約5280mmに及ぶ長いホイールベースでのみ新型Sクラスを生産するという決定により、全長4920mmのEクラスの売上が伸びたと理解されている。

標準のSクラスは、MRAプラットフォームを搭載。一方、さらに技術的に進化した四輪駆動EQSは、新しいMEA(モジュラーエレクトリックアーキテクチャ)プラットフォームをベースとした最初のモデルだ。

より小型のEQモデル向けに開発された構造とは異なる。つまり、既存のプラットフォームがベースではなく、バッテリーを収納するフラットフロアを備えたEV専用アーキテクチャとして開発されているのだ。

新型SクラスPHVバージョンのドライブラインは、メルセデスの最新の3.0Lと2.9Lの直列6気筒ガソリンおよびディーゼルエンジンと、AMGが開発した4.0LのV8をベースとしている。自動ギアボックス内に収容されたディスク状の電気モーターと、ブートフロアに位置するリチウムイオン電池との組み合わせで駆動する。

純粋なEVであるEQSには、2つの電気モーターがある。1つはフロントアクスルに作用し、もう1つはリアアクスルを駆動する。これにより、すべてのバージョンで永続的な四輪駆動を可能とする。

今後発売のEQCでは、出力405ps以上、トルク約71kg-mとなるが、EQSの開発エンジニアによれば、それらをさらに上回る模様。AMGパフォーマンスモデルの計画では、出力は608ps以上。

プラットフォームは異なるものの、標準のSクラスとEQSは同じアクティブサスペンションシステムを共有している。

既存のSクラスを開発した「AIRマティックプラスシステム」は、48Vのエレクトリックアーキテクチャと、前方の道路をスキャンするステレオカメラとの組み合わせで作動する。

これにより各車輪のスプリングとダンパーの動作が調整され、コーナーでの体の傾きに対抗できるのみならず、ピッチをより適切にコントロールすることが可能となる。

なお、EQSは独自のスタイリングを採用すると言われている。電気自動車固有のパッケージングを生かし、新型Sクラスの標準バージョンよりも短めのボンネットと、重めのウインドスクリーン、つまりメルセデスCLS同様の設計となる予定。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します