サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ北米販売はロードスターが10.4%増、SUVも7.7%増 2020年上半期

ここから本文です

マツダ(Mazda)の米国部門の北米マツダは7月1日、2020年上半期(1~6月)の北米(アメリカ合衆国+メキシコ)新車販売の結果を発表した。総販売台数は12万8869台。前年同期比は7%減と、2年連続で前年実績を下回った。

乗用車系では、中型セダンの『マツダ6』が8085台を販売した。前年同期比は38.2%減と、2年連続の前年割れ。『マツダ3』も1万6228台にとどまる。前年同期比は43.1%減と、引き続き落ち込む。

ライトトラック(ピックアップトラックやSUV)系は、『CX-5』が北米マツダの最量販となる6万5072台を販売した。

おすすめのニュース

サイトトップへ