サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動運転トーイングトラクターを初の本格導入…成田空港の空港地上支援業務

ここから本文です
国土交通省は、空港地上支援業務(グランドハンドリング)の省力化・自動化を推進するため、空港制限区域内に国内初となる自動運転トーイングトラクターを導入すると発表した。

国土交通省では、生産年齢人口の減少に伴うグランドハンドリングの労働力不足に対応するため、官民が連携して、手荷物・貨物等の輸送を想定したトーイングトラクターや、乗客・乗員の輸送を想定したバス車両の自動運転の実証実験を進めてきた。取り組みの一環として2018年6月に「空港制限区域内における自動走行の実現に向けた検討委員会」を設置した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ