サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 麗しきフェラーリ初ミドシップ・スポーツカー ディーノ206GTに試乗 後編

ここから本文です

居心地のいいコクピット

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

【画像】ディーノ206GT(1967~1969年) 全23枚

ディーノ206の重いクラッチペダルを踏み込み、とても居心地が良いコクピットで、シフトゲートの隅にある1速を探す。デザイナーやエンジニアは初めから、我慢を強いることなく、どのようにドライバーがクルマに座れるのかを真剣に考えていたのだろう。

低速域では、リミテッドスリップデフからのギアの唸りが耳に届く。ステアリングホイールの重さは適当だが、ブレーキペダルのフィーリングは温まるまで皆無だった。クラッチはスムーズだが、かなり重い。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン