サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 豊田通商、コスタリカの自動車販売代理店に出資 日系企業で初

ここから本文です

 豊田通商は、中米コスタリカのトヨタ・レクサス販売代理店「パーディモーター(PM)社」に10%出資したと発表した。日本企業によるコスタリカの自動車販売代理店への出資は初めてという。

 コスタリカは中米で最も安定した民主主義国と言われ、国内電力の98%以上を再生可能エネルギーで賄うなど環境対策にも力を入れる。電気自動車(EV)優遇策もあり、日産自動車や三菱自動車がEVを扱う。伝統的に日系車が強く、トヨタ車は年間8千台、シェア18%で首位だ。

〈2021年新春 自動車生産・流通・行政特集〉電動化 世界に広がる脱・ガソリンの動き 課題山積も対応は待ったなし

 PM社はトヨタ、レクサスのほか、スバルや日野自動車も扱う同国で最大級の販売会社。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン