サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スマホのハイビジョンをケンウッド彩速ナビの大画面で

ここから本文です

スマホのハイビジョンをケンウッド彩速ナビの大画面で

JVCケンウッドはケンウッドブランドより、高精細HDパネルを搭載し、ハイレゾ音源再生に対応する、AVナビゲーションシステム“彩速ナビ”の最上位シリーズ「TYPE M」の2022年モデルとして、計4モデルを6月中旬に発売する。

新製品は、「MDV-M909HDF」(9V型フローティングモデル)、「MDV-M909HDL」(9V型インダッシュモデル)、「MDV-M809HDW」(7V型200mmワイドモデル)、「MDV-M809HD」(7V型180mmモデル)。

今回発売するモデルは、新たにワイヤレスミラーリングに対応し、スマートフォンのハイビジョン映像をWi-Fi接続によりナビの画面で楽しめる。また、同社製デジタルルームミラー型ドライブレコーダー“ミラレコ”「DRV-EMN5700」(別売)、および前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MN970」(5月17日発表、別売)との連携し、ナビの高精度自車位置情報を活用した測位記録や、ナビの大画面での録画映像のハイビジョン再生が可能だ。さらに、スマートフォンをBluetoothテザリング接続して音楽CDのタイトル情報などの表示を可能にしたほか、地図アイコンをより直感的で分かりやすいデザインにリニューアルするなど、エンターテインメント性や使いやすさを向上させたという。

JVCケンウッドによると、彩速ナビの最上位シリーズTYPE Mは、高精細HDパネルの搭載、およびハイレゾ音源再生への対応により好評だという。近年は、大画面9V型モデルの投入、フローティング機構の採用、デザインを洗練させ見やすさを追求した新地図色の開発など、さまざまな新機能を導入している。

2022年モデルでは、エンターテインメント性や使いやすさの向上を意図した。ラインアップは、前モデルに引き続き、大画面9V型としてフローティングモデルとインダッシュモデル、7V型として200mmワイドモデルと180mmモデルの計4モデルを市場投入する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します