サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型「コルベット」が爆売れ!? わずか2.5日で300台も売れた理由とは

ここから本文です

新型「コルベット」が爆売れ!? わずか2.5日で300台も売れた理由とは

■新型コルベットの受注がすごいことに!

 ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、2020年1月10日に開催されたカスタムカーの祭典「東京オートサロン2020」にて、シボレー新型「コルベット」を日本初披露。同車の価格は1000万円以上と高価格帯ですが、すでに300台以上が予約受注されているといいます。なぜいまコルベットが人気なのでしょうか。

【画像】爆売れ新型コルベットをチェック!(23枚)

 毎年1月に開催され、近年は3日間で来場者30万人以上を集める「東京オートサロン」。2020年は、国産メーカーだけでなく、多くの海外メーカーが参加したことも話題となり、なかでももっとも注目されたのが米国ブランドの「シボレー」のブースでした。

 同ブースには、本国アメリカでもまだ未発売の新型「コルベット」を展示。2019年7月に米国でのお披露目に続き、日本は世界で3地域目の実車展示といいます。

 日本での納車時期は、2021年春とまだ1年以上先の予定のため、かなり早いタイミングでの日本公開となりました。展示車両はオートサロンのために本国から持ち込まれ、終了後にはまた本国へ搬送されたそうです。

 同車はオートサロンの会場で予約受注をしましたが、会場での予約受注数が100件を超えたというのです。予約受注は2020年1月10日の14時から同月12日のイベント閉幕までの2.5日間の期間でおこなわれ、1000万円を超えるクルマでは異例の数字といえます。

 しかし、驚くのはそれだけではありません。オートサロンでの予約受注開始と同時に全国のシボレー販売店でも予約受注をおこなっており、「こちらも同じ期間に約200台の予約をいただいた」とGMジャパンの広報部はいい、新型コルベットは受注開始からわずか2.5日間で300台を超えるオーダーを受けたというのです。

 1000万円を超える高額なスポーツカーが日本で、わずか数日だけでこれだけの予約受注を得たということは、これまでにないほど新型コルベットが注目されていることの何よりの証明といえます。

 新型コルベットを初期に予約した約300人。どのようなユーザーが購入しているのでしょうか。GMジャパンの広報部は、次のように説明します。

「年齢層は20代から70代までとバラバラです。地域性はとくにコルベットだからという特徴はなくほかのシボレー車と同様に東京、名古屋、大阪といった都市部が多いです。職業は自営業や医師が多いですが、それも弊社の高級モデルととくに変わらないようです」

 また、購入するユーザーの特徴について、同広報部は次のように話しています。

「従来型コルベットからの代替はもちろん多くいらっしゃいますが、右ハンドルが設定されたことでこれまで国産車に乗っていて、今回の新型コルベットで初めてアメリカ車を検討されるというお客さまもいらっしゃいます。また、欧州スポーツカーに乗っているというお客さまからも注目されているようです」

※ ※ ※

 新型コルベットは、従来のフロントエンジンリアドライブ(FR)からミッドエンジンリヤドライブ(MR)に変更されました。そのため、ボディプロポーションが伸びやかになり、欧州のスーパーカーと肩を並べる雰囲気となり、速さでも劣っていません。しかし、価格はそれらのスーパーカーと比べて半分から1/3程度なのですから、注目されるのも素直に頷けます。

 また、初の右ハンドルモデルが設定されたことも多くの予約受注が集まった要因といえます。かつては「輸入車は本国と同じ左ハンドルを積極的に選ぶべき」という人もいましたが、日本の道路事情に合った右ハンドル仕様が売れる要素といえるかもしれません。

■新型コルベットとはどのようなクルマ?

 1953年にデビューした初代コルベットは、大排気量V型8気筒のハイパワーエンジンを組み合わせるのが特徴の米国を代表するハイパフォーマンス・スポーツカーです。

 8代目となる新型コルベットのボディサイズは、全長4630mm×全幅1934mm×全高1234mm。前述のとおり、従来の駆動方式であるFRから、MRに変更されたこともあり、これまでのロングノーズ/ショートデッキだったボディデザインに別れを告げ、ドライバーを中央に配したミッドシップ・スーパーカーのスタイリングになっていいます。

 リア中央に搭載されるエンジンは、490馬力/630Nmを発生する6.2リッターV型8気筒OHVエンジンで、後輪を駆動します。

 北米仕様は、495馬力/637Nmにシボレー初の8段デュアルクラッチトランスミッションが備わり、日本での展開グレードは、「2LT」と内外装にカーボンパーツを組み合わせた「3LT」が用意されます。

 予定価格は「2LT」が約1118万円、「3LT」が約1400万円の設定です(仕様変更に伴う価格変更の可能性もあるとのこと)。

 近年では、同社の「カマロ」が20代の若年層から支持を集めているといい、米国ブランドのモデルが再び人気を博しているといえるかもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します