サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ホンダ、新型「FIT」を世界初公開 東京モーターショー2019で披露 「激シブなスーパーカブ(改)」も

ここから本文です

ホンダ、新型「FIT」を世界初公開 東京モーターショー2019で披露 「激シブなスーパーカブ(改)」も

ホンダ、新型「FIT」を世界初公開 東京モーターショー2019で披露 「激シブなスーパーカブ(改)」も

 本田技研工業(以下、ホンダ)が第46回東京モーターショー2019(2019年10月25日~11月4日)の出展概要を告知。フルモデルチェンジする新型「FIT(4代目)」やウルトラ渋いスーパーカブのコンセプトモデル「CT125」の世界初公開をはじめ、「自分を、もっともっと連れ出すんだ。」をテーマにした展示ブースを設けます。

 新型FIT以外にも、日本初披露の「新型アコード」と、超期待の100%小型スポーツEV「Honda e」は見逃せません。この他、デザインを刷新する「フリード」のマイナーチェンジモデルも、10月18日の発売直後となる東京モーターショーで実車を展示します。

画像43枚:全ての写真

 二輪車はスーパーカブをベースにしたコンセプトモデル「CT125」、街の働くスクーター・ジャイロ/ベンリィシリーズの電動モデル「GYROe/BENLY e」を世界初公開します。

 CT125は、日本の誇るロングセラーバイク「スーパーカブ」をベースに、オールドスタイルなオフロード志向のデザインを施し、“CT”の名を復活させたモデルです。2019年令和時代なのに20世紀昭和時代のような、ブロックパターンのタイヤ、スチールのフロントフェンダー、アップマフラーなどがたまらない、レトロで渋すぎな雰囲気を醸しています。

 新型スーパーカブは、アウトドアテイストを盛り込んで一般ユーザー向けとした派生モデル「クロスカブ」や、同様に125ccで現代モデルとしてよみがえった「モンキー125」も人気です。コンセプトモデルではありますがそのまま販売されそうな仕上がり……ぜひ実物をチェックしておきたいところです。

 オトーサン世代にはさらに、ベンリィ CB92、CB750FOUR、CB750F、CB1000 SUPER FOURと1950年代から1990年代のレジェンドCBが集合した「CBシリーズ発売60周年記念展示」もウキウキしそうです。

 子どもと一緒に楽しめる体験型企画なども用意。展示ブースは東京ビッグサイト西展示棟1階の西1ホールです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します