サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボッシュ、メルセデス・ベンツ:米サンノゼで 自動運転配車サービスの実証実験を開始

ここから本文です

ボッシュ、メルセデス・ベンツ:米サンノゼで 自動運転配車サービスの実証実験を開始

 都市部での自動運転の開発に向けたボッシュとメルセデス・ベンツの合同プロジェクトは、新たなステージに突入した。サンノゼのシリコンバレーにおいて、メルセデス・ベンツSクラスの自動運転車両を用いたアプリベースの配車サービスに向けた、両社による実証実験が始まった。セーフティドライバーの監視のもと、自動運転車両がサンノゼ西部と都心部間のサンカルロス通りとスティーブンス・クリーク通りを定期往復する。

 本サービスは、開始当初は特定のユーザーのみを対象としている。ユーザーは、ダイムラー・モビリティAGが開発したアプリを使用し、決められた乗車地点から目的地まで、Sクラスの自動運転車両による走行を予約することができる。ボッシュとメルセデス・ベンツはこの試みにより、高度・完全自動運転(SAEレベル4/5)システムのさらなる開発に向け、有益な知見が得られることを期待している。また、公共交通機関やカーシェアリングを含む複合的なモビリティシステムに、どのように自動運転車両を統合できるかについても、さらなる知見が得られると期待している。

BlackBerry、マレリ:中国の主要自動車ブランドにデジタル・コックピット用QNXプラットフォームを提供

未来のモビリティ化に向けたパートナー

 2017年中頃、道路交通において増大する課題の分析のために、サンノゼが米国で初めて自動運転の実証試験に民間企業を誘致した。特に混雑した市街地走行では、自動運転車両のサラウンドセンシングによって、潜在的に安全性を向上させることができ、またスムーズな走行スタイルにより交通の流れを改善することが可能だ。

「市として、自動運転車両がどのように安全性の向上と渋滞の緩和に役立つのか、また交通手段をさらに利用しやすく、持続可能で、包括的なものにする上で役立つのかという点について、より多くのことを知りたいと考えています。メルセデス・ベンツとボッシュのプロジェクトは、サンノゼの掲げる『スマートシティ』の目標と結びつきます。さらに、新しいテクノロジーに対処するためのガイドラインの策定や、将来の交通システムへの準備という点でも、私たちにとって有益なものとなるでしょう」と、サンノゼ市政革新・デジタル戦略ディレクターのDolan Beckel氏は述べている。

「自動運転が日常的に使用されるためには、そのテクノロジーが高い信頼性と安全性を持って機能する必要があります。そのためには、サンノゼでの実証実験のようなテストが必要となります」と、ロバート・ボッシュGmbHの都市部自動運転の開発を率いるMichael Fausten氏は述べている。

 また「その性能を証明しなくてはいけないのは、自動運転車両だけではありません。私たちシステム開発者もまた、自動運転配車サービスが都市交通というパズルに、ひとつのピースとしてフィットすることを証明する必要があります。私たちはこの両方をサンノゼでテストすることができます」と、メルセデス・ベンツAGで自動運転を率いるUweKeller氏は語った。

 8月から11月まで、プロジェクトの代表者は、サンノゼ市の職員とともに、複数の地域団体とこのプロジェクトについて議論。さらに、シャトルが通行する通り沿いの近隣住民や企業グループとの7回にわたる集会において、プロジェクトチームは目標について議論し、車両技術を見せ、プロジェクトで実装される二重の安全冗長性について説明し、将来の使用ケースについて住民からの提案を受け止めた。


米国と欧州でパートナーを組むボッシュとメルセデス・ベンツ

 これまで約2年半、ボッシュとメルセデス・ベンツは、都市部の自動運転のためのソリューションに共同で取り組んできた。両社の共通の目的は、高度・完全自動運転(SAEレベル4/5)システムによる、車両管理用ソフトウェアを含む無人の完全自動運転車両である。

 ただし、両社の関心はプロトタイプではない。様々な車種やモデルに組み込むことができる、量産向けシステムを開発したいと考えている。両社は、車両の動きを制御するソフトウェアの開発段階において、人工知能や試験走行距離の記録のみに頼らず、シミュレーションや特別に設計された性能試験場も使用することで、特に道路交通では稀にしか起こらないような運転状況への対応にも取り組んでいる。

 このため、ドイツのインメンディンゲン試験・技術センターのエンジニアは、自動運転向け専用に設計された10万平方メートルの性能試験場も利用している。ここでは、複雑な交通状況も、きわめて正確に、希望する頻度で再現することができる。このような手法を用いる理由は、ボッシュとメルセデス・ベンツが完璧であることと安全性を最優先しているから。
 さらに、両社の協力は、米国の道路条件や天候条件だけを対象としているわけではない。チームの一部は、サンノゼとサンフランシスコの間にあるシリコンバレーのサニーベールに拠点を置いているが、両社のエンジニアを含むもうひとつのチームは、シュトゥットガルトで作業している。



コラボレーションにおける迅速な意思決定とコミュニケーション

 ボッシュとメルセデス・ベンツの従業員は、机を並べて座り、仕事をしている。これにより、意思決定が迅速になり、異なる専門間でのやり取りが迅速化する。そして、従業員は、いつでも親会社で働く同僚の知識とノウハウを活用することができる。ここでは、センサー、コントロールユニット、ステアリングおよびブレーキコントロールシステム、さらには自動車のサブシステム全体にわたるボッシュのノウハウは、システム統合と自動車生産に関するメルセデス・ベンツの長年の経験によってスムーズに補完される。

 プロジェクト内での役割分担も同様。メルセデス・ベンツの役割は、共同開発された自動運転システムを車両に装備できる状態にすること、および必要な試験車両、テストベイ、試験フリートを提供することだ。また、ボッシュは、都市部における自動運転のためのコンポーネントの開発・製造を担当している。

プラットフォームにより、自動運転車両をタクシーフリートに統合することが可能

 自動運転配車サービスの実証実験のために、ボッシュとメルセデス・ベンツは、ダイムラー・モビリティAG社をパートナーに迎えた。同社は、実証実験段階において欠かせないフリートプラットフォームの開発とテストを担当。これにより、配車サービスを提供しようとするパートナー企業・団体は、自動運転(メルセデス・ベンツ)車両を彼らのサービスラインナップに組み込むことが可能になる。

 このプラットフォームは、自動運転車両と従来の車両の両方を、業務と保守も含めて管理するためのもの。2019年秋、サンフランシスコの湾岸地帯で、従来型メルセデス・ベンツ車両のためのアプリベースのモビリティサービスが稼働を開始しており、ドイツの首都ベルリンでも利用可能なサービスとなっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します