サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル代表「メルセデスのコンセプトが間違っているからだ!」 ポーパシングはレギュレーションの不備ではないと主張

ここから本文です

 今季は各チームがポーパシングと呼ばれる現象に悩まされており、中でも特にメルセデスは苦しめられ、パフォーマンスやドライバーの身体にも大きな影響を及ぼしている。

 この原因についてレギュレーションの不備も指摘されているが、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、レギュレーションではなく、メルセデスのマシンのコンセプトに問題があると指摘する。

■メルセデス代表、激怒! ”2本目のステー”許さない他チームの対応は「哀れだし、不誠実」

 今季からテクニカルレギュレーションが大きく変わったことにより、マシンのダウンフォース発生に対するコンセプトも大きく変わった。

おすすめのニュース

サイトトップへ