サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ノリス、ピット入口の白線カットで戒告。ストロールには10秒のタイム加算ペナルティ

ここから本文です

 F1第15戦ロシアGP決勝、ポールポジションからスタートしたランド・ノリス(マクラーレン)は、レース終盤まで首位を維持していたが、残り8周ごろから雨が降り始め、状況が一変してしまった。

 他の多くのドライバーがピットに入り、インターミディエイトタイヤに交換したが、ノリスはステイアウトを決断。スリックタイヤで走行を続けた。

■F1初優勝まであと一歩だった……ランド・ノリス、”ステイアウト”の判断を悔やむ「でも、その判断以外は”満足”」

 しかしこの判断は裏目に出てしまった。コンディションはさらに悪化し、スリックタイヤではまともに走れない状態に。

おすすめのニュース

サイトトップへ