サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > Wシリーズ初代王者のチャドウィック「F1でレースをするという目標が少し現実的なものになった」

ここから本文です

 2019年のWシリーズ王者のジェイミー・チャドウィックは、F1でレースをすることは非常に難しい野望であることは認識しているものの、今では“現実的”な目標になったと考えている。

 チャドウィックは2019年に初開催されたWシリーズ選手権を制覇し、その成績によって今後彼女が次のステップを登っていくのに役立つ50万ドル(約5500万円)という多額の小切手を手に入れた。

ジョージ・ラッセル インタビュー(1)「ウイリアムズでの厳しい体験によって大きく成長することができた」

 残念ながら21歳のチャドウィックは、F3に昇格するための十分なスポンサーシップを得ることができなかったが、彼女は今年もモータースポーツ活動を継続する予定だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ