サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?

ここから本文です

アルファロメオが現在開発を進める新型のコンパクト・クロスオーバーSUV、『トナーレ』最新プロトタイプをカメラが捉えた。

トナーレは、2021年9月に公開予定だったが、同社新CEOのジャン・フィリップ・インパラト氏が、搭載予定だったプラグインハイブリッドシステムのパフォーマンスに不満を持ったため開発に遅れが生じたと言われ、路上テストも一時中断されていたがどうやら再開されたようだ。

捉えたプロトタイプはこれまででもっともカモフラージュが軽く、ヘッドライトに市販型コンポーネントを装着し、後輪ホイールが露出。ディスクブレーキのセットアップも見てとれる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ