現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型パガーニ「C10」 プロトタイプ発見 ウアイラ後継、メルセデスAMG製6.0L V12搭載か

ここから本文です

新型パガーニ「C10」 プロトタイプ発見 ウアイラ後継、メルセデスAMG製6.0L V12搭載か

掲載 更新 8
新型パガーニ「C10」 プロトタイプ発見 ウアイラ後継、メルセデスAMG製6.0L V12搭載か

ウアイラ後継 公道でテスト走行

パガーニが開発中の新型ハイパーカー「C10」と思われるプロトタイプをカメラが捉えた。公道でテスト走行する姿が目撃されたのは、今回が初めて。

【画像】新型パガーニC10のプロトタイプ【ウアイラと写真で比較】 全71枚

厳重にカモフラージュが施されているものの、今年1月にリークされたC10のレンダリング画像にも見られるデザイン要素が確認できる。

そのスタイリングは、これまでのパガーニデザインのさまざまな要素を融合している。ワイドなフロントグリルとスレンダーなボディワークは、2011年に発表されたウアイラを、ティアドロップ型のキャビン形状やボンネットは1999年のゾンタを彷彿とさせる。

リークされたレンダリングで見られる2つの小さなリアウィング(初期のゾンダへのオマージュでもある)は、今回のプロトタイプでは隠されているようだ。ウィングとなる部分には不自然な開口部があり、その中に塗装されたボディが見えることから、デザインを秘匿するためにカバーで覆われていると考えられる。

パガーニ伝統のスタイリング

センターマウントの4本出しマフラーも特徴的だ。これは、新型車が内燃エンジンを搭載していることを決定づけるものである。

プロトタイプのヘッドライトは分割式ではないが、リーク画像ではパガーニらしい分離式が確認されたため、これは単なるカモフラージュの可能性が高い。

フロントグリルの巨大なラジエーター前方には、空力的な補助となりそうなウィングレットがある。ルーフとリアには大きなエアインテークがあり、エンジンルームに空気を取り込でいると思われる。

全体的なデザインはウアイラに似ているが、ゾンタFを彷彿とさせる縦置きのリアライトが特徴的だ。

ドアはウアイラのようなガルウィングではなく、通常のヒンジ式と見られる。リーク画像に描かれた天窓は、非常にかすかではあるが、カモフラージュを通してルーフに見ることができる。

限定300台はすでに完売?

新型C10のものとされるリーク画像は、1月にインスタグラムに投稿された。購入者を対象としたとされる文書の写真も添えられており、初期の顧客向けプレゼンテーションから流出したものであることを示唆していた。元の画像は現在削除されているが、ネット上で広く拡散している。

C10はすでに完売したと言われているが、メルセデスAMGの6.0LツインターボV12エンジンが搭載されるという噂もある。

パガーニは、C10の開発においてパワーよりもハンドリングに重点を置いている。創業者兼CEOのオラチオ・パガーニは、イタリアの雑誌『Quattroruote』のインタビューで、設計のどの側面よりも軽量化に力を注いだと語っている。

クーペとロードスターのほか、スペシャルモデルも含め、最大300台のC10を製造する予定だ。パガーニは、米国からの需要だけでも予定スロットを埋めることができたとしている。

C10は、パガーニ最後の純ICE車になると予想される。公式発表は今年後半に行われる予定だ。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

大規模アップデートを持ち込んだアストンマーティン、ストロールが10位「競争力が足りず、戦略も最適でなかった」
大規模アップデートを持ち込んだアストンマーティン、ストロールが10位「競争力が足りず、戦略も最適でなかった」
AUTOSPORT web
フォーミュラEに君が代が流れる。ニッサンがシーズン10最終戦で優勝「とても誇りに思う」とローランド
フォーミュラEに君が代が流れる。ニッサンがシーズン10最終戦で優勝「とても誇りに思う」とローランド
AUTOSPORT web
ガス満で2100km超えを目指す!! 2026年登場予定の[新型カローラ]最新情報
ガス満で2100km超えを目指す!! 2026年登場予定の[新型カローラ]最新情報
ベストカーWeb
スズキ「ジムニーシエラ」をピックアップにしてラリーに参戦! 車両製作は中央自動車大学校の学生たち…ドライバーは女性ペアでチャレンジします
スズキ「ジムニーシエラ」をピックアップにしてラリーに参戦! 車両製作は中央自動車大学校の学生たち…ドライバーは女性ペアでチャレンジします
Auto Messe Web
豊田章男会長「失礼な態度をしてしまい大変申し訳ございませんでした」1年越しでル・マンのトロフィーを受け取る
豊田章男会長「失礼な態度をしてしまい大変申し訳ございませんでした」1年越しでル・マンのトロフィーを受け取る
AUTOSPORT web
ルクレール4位「望んでいた結果ではないが、予想よりはうまくいった」フェラーリ/F1第13戦決勝
ルクレール4位「望んでいた結果ではないが、予想よりはうまくいった」フェラーリ/F1第13戦決勝
AUTOSPORT web
BMW、高性能モデルの代名詞『M4』のクーペとカブリオレを刷新。最高出力は20PS向上の530PSに
BMW、高性能モデルの代名詞『M4』のクーペとカブリオレを刷新。最高出力は20PS向上の530PSに
AUTOSPORT web
「GRヤリス」の3気筒ターボを合体! レクサスLBX モリゾーRR 304馬力の試作車へ試乗
「GRヤリス」の3気筒ターボを合体! レクサスLBX モリゾーRR 304馬力の試作車へ試乗
AUTOCAR JAPAN
キャシディは王者獲得ならず。ジャガー勢の自滅でポルシェのウェーレインが逆転初タイトルに輝く/フォーミュラE最終戦
キャシディは王者獲得ならず。ジャガー勢の自滅でポルシェのウェーレインが逆転初タイトルに輝く/フォーミュラE最終戦
AUTOSPORT web
【フォーミュラE】日本初開催実現シーズンが閉幕、ポルシェのウェーレイン初戴冠…最終戦は日産が勝利
【フォーミュラE】日本初開催実現シーズンが閉幕、ポルシェのウェーレイン初戴冠…最終戦は日産が勝利
レスポンス
ハミルトンがキャリア200回目の表彰台を獲得「フェルスタッペンを抑えつつタイヤを持たせるのは大変だった」F1第13戦
ハミルトンがキャリア200回目の表彰台を獲得「フェルスタッペンを抑えつつタイヤを持たせるのは大変だった」F1第13戦
AUTOSPORT web
元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入。プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ
元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入。プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ
motorsport.com 日本版
デカい!! 8輪駆動の “化け物” ベンツ・トラック なぜ必要? あえてのボンネット仕様が理にかなっているワケ
デカい!! 8輪駆動の “化け物” ベンツ・トラック なぜ必要? あえてのボンネット仕様が理にかなっているワケ
乗りものニュース
トヨタ“次期型”「GR86」どうなる!? 「トヨタの“3気筒”エンジン」搭載も!? 期待の「スポーツコンパクト」はどう進化するのか
トヨタ“次期型”「GR86」どうなる!? 「トヨタの“3気筒”エンジン」搭載も!? 期待の「スポーツコンパクト」はどう進化するのか
くるまのニュース
新興企業はいかにして自動車を作ったか 運と情熱 英イネオス・オートモーティブCEOインタビュー
新興企業はいかにして自動車を作ったか 運と情熱 英イネオス・オートモーティブCEOインタビュー
AUTOCAR JAPAN
軽トラから「ジープ」まで! アウトドア派必見の新作ホイール「マッドヴァンスX」のデザインは3タイプ…欲しい1本に必ず出会えます
軽トラから「ジープ」まで! アウトドア派必見の新作ホイール「マッドヴァンスX」のデザインは3タイプ…欲しい1本に必ず出会えます
Auto Messe Web
パナメーラ史上最強の782馬力! ポルシェ新型「パナメーラターボS E-ハイブリッド」予約開始 最高速度は325キロのスーパーサルーン
パナメーラ史上最強の782馬力! ポルシェ新型「パナメーラターボS E-ハイブリッド」予約開始 最高速度は325キロのスーパーサルーン
VAGUE
ポルシェの走りがさらに進化する!? 新駆動システム部門設立、新型『カイエン』開発から稼働
ポルシェの走りがさらに進化する!? 新駆動システム部門設立、新型『カイエン』開発から稼働
レスポンス

みんなのコメント

8件
  • 正直パガーニらしさをあんまり感じられないデザイン
    ゾンダの印象が強すぎたからかもだけど
  • メルセデスのエンジン載せても文句。
    トヨタのエンジン載せても文句。
    買えもしないのに。
    じゃあ自分で造れよw
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

754.01085.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

175.81130.0万円

中古車を検索
Aクラスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

754.01085.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

175.81130.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村