サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > タイの鬼才アピチャッポン監督×ティルダ・スウィントン『MEMORIA メモリア』

ここから本文です
 タイが誇る鬼才アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の最新作『MEMORIA メモリア』はティルダ・スウィントン演じる主人公ジェシカをガイドに、監督自身が経験した「頭内爆発音症候群」から着想を経た“記憶の旅路”が描かれます。

 2002年の『ブリスフリー・ユアーズ』で<ある視点部門>最優秀作品賞、2004年の『トロピカル・マラディ』で審査員賞、そしてタイ史上初のパルムドール受賞作となった2010年の『ブンミおじさんの森』に続き、カンヌ国際映画祭4度目の受賞となった『MEMORIA メモリア』。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン