サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > さすがに日本じゃデカすぎ!? 魅惑の海外専売超大型SUV&ミニバン 5選

ここから本文です

さすがに日本じゃデカすぎ!? 魅惑の海外専売超大型SUV&ミニバン 5選

 日本では売っていない日本車には、魅力あるモデルが多数ある。

 海外専売の日本車には、日本での使用を考えると大き過ぎるモデルが多いことも事実だが、そのサイズを除けば、クルマそのものは魅力的なモデルも多い。

電動化と脱セダンの波 変わる世界のタクシー事情

 本稿では、そんな「日本には大き過ぎるけれど、それでも魅力的な日本車の海外専売超大型SUVとミニバン」をピックアップしてみたい。

文/永田恵一 写真/TOYOTA、NISSAN、SUBARU、MAZDA

【画像ギャラリー】ゆったり余裕の車内カットあり!! 海外専売大型SUV&ミニバンを見る

■トヨタ シエナ

トヨタ シエナ/全長5174mm×全幅1994mm×全高1770mm、ホイールベース3061mm、価格3万4460ドル(約378万円)から

 シエナは1997年に初代エスティマの後継車として登場して以来、主に北米向けとなるFF(前輪駆動)乗用車ベースのラージミニバンというポジションを一貫しているモデルで、2020年に登場した現行型で4代目モデルとなる。

 現行シエナは、カムリやRAV4などに採用されているTNGA-Kプラットホームを使ったモデルで、エクステリアは日本の新幹線をイメージしたも。

 7人乗りと8人乗りを設定しており、大きなボディサイズは、7人乗り2列目の大きなキャプテンシート、8人乗りの2列目&3列目のベンチシートに3人が余裕を持って座れるといった、横方向のユッタリ感という点で、日本で販売されるミニバンにはない魅力につながっている。

 パワートレーンは、2.5Lハイブリッド(FFと4WDを設定)のみだが、アルファード/ヴェルファイアハイブリッド同様にセンターコンソールに置かれる駆動用バッテリーの容量を大型化しており、駆動用バッテリーの大型化により燃費と動力性能を同時に向上させている点も注目したいポイントだ。

 日本車のミニバン市場はアルファード&ヴェルファイアという鉄板的存在があるが、それでもシエナのそれほど高くない全高も貢献している走りのよさやユッタリとしたキャビンに魅力を感じる層も一定数いるのではないだろうか。

■トヨタ ハイランダー

トヨタ ハイランダー/全長4950mm×全幅1930mm×全高1730mm、価格:3万4910ドル(約383万円)から

 日本でも初代モデルがクルーガーの車名で販売されたことがあるハイランダーは、TNGA-Kプラットホームを使った歴代3列シート車となるラージSUVだ。そのため現行ハイランダーはRAV4を大型化して3列目シート化したモデルと考えても間違いではない。

 日本では初代モデルだけで絶版となったハイランダーだが、世界的に見ると北米、中国、オセアニアに加え今年から欧州にも投入されており、2020年のトヨタ車販売ランキングでは6位にランクインしているトヨタにとっては重要な1台でもある。

 現行型で4代目モデルとなるハイランダーの北米仕様に設定されるパワートレーンは3.5L・V6+8速ATと2.5Lハイブリッドの2つ(それぞれにFFと4WDを設定)で、特にハイブリッドはシエナと同じ駆動用バッテリー容量を大型化し、燃費と動力性能を同時に向上したものだ。

 北米仕様には7人乗りと8人乗りが設定されるハイランダーは、確かに日本で使うには全幅が大きいものの、全長はそれほどでもないこともあり、マツダ CX-8が火付け役となり拡大している日本の3列目シートSUV市場への投入を検討する価値のあるモデルではないだろうか。

■日産 アルマーダ

日産 アルマーダ/全長5305mm×全幅2030mm×全高1952mm、価格:5万2600ドル(約578万円)から

 北米で販売されるアルマーダは、日本では2007年に絶版となった本格ラージクロカンSUV「サファリ」を引き継ぐモデルで、トヨタ車ならランドクルーザーに相当する。

 現行アルマーダは、サファリから数えると通算6代目モデル。最近登場した2021年モデルでビッグマイナーチェンジされ、内外装が本格ラージクロカンSUVらしいより重厚感を増したものとなった。

 また、アルマーダは北米ではなく日本の日産車体で生産されており、主に中東向けとなるパトロール、レクサス LXに相当するインフィニティ QXと三兄弟を形成している。

 5.6L・V8エンジン+7速ATのみとなるパワートレーン(FRとオートモードを持つ副変速機付4WDを設定)やラダーフレーム構造となることなど、本格ラージクロカンSUVとしてはオーソドックスな成り立ちで、7人乗りもしくは8人乗りとなる3列目シート車のみの設定だ。

 ライバル車となるランドクルーザーが、近々次期型にフルモデルチェンジされるだけに、今後アルマーダは古さを感じる部分も出てきそうだ。

 しかし、次期ランドクルーザーにV8エンジン搭載車が設定されない可能性が高いことを頭に置くと、現在V8のみを設定する点は今後ランドクルーザーに対するアドバンテージとなることも考えられ、日本に導入したら意外に面白い存在となるかもしれない。

■スバル アセント

スバル アセント/全長4999mm×全幅1930mm×全高1819mm、価格:3万2295ドル(約355万円)から

 アセントは2014年まで北米を中心に販売していたトライベッカの後継車となる大型3列シートSUVで、現行モデルは2018年に登場。

 マツダ CX-8や前述したトヨタ ハイランダーに近い車格のアセントは、2.4L水平対向4気筒ターボエンジン+CVTのみを搭載。駆動方式も悪路でのトラクション(駆動力)を高めるXモード付4WDのみというスバルらしいパワートレーンで、7人乗りと8人乗りを設定する。

 スバルはエクシーガが絶版となって以来3列目シート車がないだけに、ディーラーの整備工場に設置されるリフトのサイズの問題などもあるようだが、マツダがCX-8をミニバンユーザーの受け皿としたのと同様に、スバルもアセントの日本導入は前向きに考えるべきではないだろうか。

■マツダ BT-50

マツダ BT-50(ダブルキャブ)/全長5280mm×全幅1870mm×全高1810mm、価格:77万1000バーツ(約271万円)から

 BT-50は、日本でも平成初期に販売されたことがある「プロシード」から続くミドルクラスのピックアップトラック。トヨタでいえばハイラックスに相当する。

 車名がプロシードからBT-50になって以来、初代モデルと2代目モデルはフォードとの共同開発車だったが、2020年登場の現行型3代目は、日本ではマツダと小型トラックのエルフをタイタンの車名でOEM供給している関係のあるいすゞが、タイ国で生産しているD-MAXのOEMとなった。

 OEM供給ながらマツダ車らしいフロントマスクを持っているのに加え、インテリアも最近のピックアップトラック同様に乗用車のような仕上がりとなっている。

 ボディタイプは2ドアとなる「シングルキャブ」、フロントシート後方に2シーターのスポーツカーのようなスペースがあり、ドアがRX-8のような観音ドアとなる「フリースタイルキャブ」、4ドアの「ダブルキャブ」という3タイプ。

 パワートレーンは、主力となる1.9Lディーゼルターボ、3Lディーゼルターボ(それぞれに6速MTと6速ATがあり、3Lディーゼル車には副変速機付パートタイム4WDも設定)となる。

 ハイラックスの意外な好調により「いいクルマであれば日本にも一定数ピックアップトラックの需要がある」というのがハッキリしたことや、マツダといすゞの関係、マツダもスバルに通じるマニアックさを持つメーカーであることを考えると、BT-50の日本導入はやってみる価値のあるチャレンジなのかもしれない。

【画像ギャラリー】ゆったり余裕の車内カットあり!! 海外専売大型SUV&ミニバンを見る

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します