サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMWのミニバンは走りが違う!アクティブツアラー「Mスポーツ」がニュルにあらわる

ここから本文です

BMWのミニバンは走りが違う!アクティブツアラー「Mスポーツ」がニュルにあらわる

BMWが開発中の『2シリーズ アクティブツアラー』新型プロトタイプがニュルブルクリンクで高速テストを開始した。

次期型アーキテクチャには、『1シリーズ』新型でデビューした「FAAR」FWDプラットフォームを採用。剛性が高められるとともに、ドライビング・ダイナミクスが大幅に向上、安全性能が向上する。

エクステリアは現行モデルと比較して、Bピラー以降のルーフラインがよりラウンドし、クロスオーバーからのスタイリングキューが組み込まれることが特徴となるほか、リアウィンドウラインを高くすることでよりスポーティさが演出される。さらにホイールベースが延長され、3列シートがオプション設定されると予想されている。

市販型では、大型グリルや『i4』風のドアハンドルを装備、サイドミラーがAピラーからドアへ移動される。今回捉えたプロトタイプは、これまでの開発車両よりボディがローダウンされており、「Mスポーツ」モデルの可能性もありそうだ。

キャビン内では、コンセプト「iNext」を彷彿させるデュアルデジタルディスプレイを装備。スイッチ風ギアシフターが見てとれるほか、ヘッドアップディスプレイやジェスチャーコントロールなども搭載するという。

パワートレインは、最高出力140psを発揮する1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジン、最高出力150ps及び190psを発揮する2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジンのほか、最高出力302psを発揮するM Sportをラインアップ、ゲトラグ製8速DCTトランスミッションと組み合わされる。また最新情報では、最高出力116psを発揮する1.5リットル直列3気筒ディーゼルエンジン搭載の『216d』が廃止される可能性があるという。

駆動方式は標準で前輪駆動が設定されるが、四輪駆動の設定も濃厚。

早ければ2020年内にもワールドプレミアが期待できそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します