サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデスベンツ、次世代EVトラックと初の燃料電池トラックを生産へ 2024年以降

ここから本文です

ダイムラートラック(Daimler Truck)は7月15日、メルセデスベンツの次世代EVトラックを2024年から、初の燃料電池トラックを2027年から、ドイツ・ヴェルト工場で生産すると発表した。

メルセデスベンツの次世代EVトラックは、大型トラックの『アクトロス』のEV、『eアクトロス』の長距離輸送バージョンとなる。eアクトロスはリアアクスルのホイールハブの近くに2個のモーターを搭載しており、2個のモーターは合計で最大出力544hpを引き出す。

バッテリーは複数が用意されるが、最大で蓄電容量420kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載することができる。

おすすめのニュース

サイトトップへ