サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > バサースト12時間、オミクロン株感染者急増で延期の可能性。主催者は「状況を監視中」/IGTC

ここから本文です
 IGTCインターコンチネンタルGTチャレンジの2022年シーズン開幕戦としての実施が予定されているリキモリ・バサースト12時間が、地元オーストラリアでの新型コロナウイルス(COVID-19)オミクロン株感染者の急増によって延期される可能性が出てきた。

 Speedcafe.comを含む複数の地元情報筋によると、現時点では2月25日から27日にかけて開催が予定されているIGTCの2022年シーズンオープニングイベントが、5月に延期される可能性があるという。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン