サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤリスクロス アクア MIRAI… トヨタ、 未来に向けて死角なし!!? のラインナップ総まとめ

ここから本文です

ヤリスクロス アクア MIRAI… トヨタ、 未来に向けて死角なし!!? のラインナップ総まとめ

「これからのトヨタ」的な記事を作るとき、いつも驚かされるのがその多様性だ。販売店統合に伴うモデルの統廃合も進むとされるなか、それはさらに広がりを見せており、更にいえば、それぞれのクルマとしての完成度も高い。

 ここでは、登場が目されているコンパクトカーを中心としたトヨタ(一部レクサスも含む)のラインナップを振り返ってみたい。

いまや国内に敵なし セダン界の絶対王者 現行型クラウンが中古で狙い目に!

【画像ギャラリー】本稿で紹介しきれなかったモデルも含めて!トヨタ未来の布陣をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年4月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年5月26日号

■ヤリスクロス(2020年10月デビュー予定)

 ハイブリッドの驚異的な燃費と走りのよさで高評価のヤリスに、クロスオーバーが登場する。発売は9月。

 全長はヤリスよりも230mm長い4170mmで、全幅は1765mmのワイドボディ。全高は1555mmで、5ナンバーサイズのヤリスよりも存在感のあるデザインとなる。

ヤリスよりもひと回り大きいサイズのクロスオーバー。全幅1765mmで後席の室内幅も広くなる

 FFと4WDがあり、パワーユニットはヤリスと同じ3気筒、1.5Lのガソリンとハイブリッドで1Lは設定されない。ハイブリッドには後輪をモーターで駆動するE-Fourが設定されるのもヤリスと同じだ。

リアビュー

 ホイールベースがヤリスよりも10mm長い2560mmとなるが、これはホイールトラベルの差によるもので実質的には同じ。しかし、幅が広がることで後席に余裕ができ、リアのオーバーハングが長くなることでラゲッジスペースは拡大する。

BセグのTNGAシャシーを使うのもヤリスと同じ。エンジンは直3 1.5Lのガソリンとハイブリッド

【ヤリスクロスオーバー予想スペック】全長4170×全幅1765×全高1555mm/ホイールベース2560mm/車重1220kg/エンジン:直3 1.5Lハイブリッド(91ps/12.2kgm+モーター前80ps後5.3ps/直3 1.5L/予想価格:200万~250万円

■使い勝手はヤリスより上!!? NEW アクア(2021年3月デビュー予定)

 2011年に登場し、高い人気を博したハイブリッド専用モデルのアクアが、2021年春にフルモデルチェンジを受け2代目になる。

柔和な印象のフロントフェイスだが、パワーユニットがヤリスハイブリッドと同一となることで、動力性能も現行型より大きく向上する(画像はベストカー予想CG)

 基本的にキープコンセプトのフルモデルチェンジとなるが、搭載するパワーユニットは現行の直4 1.5Lから、すでにヤリスが搭載している直3 1.5Lベースのハイブリッドに変更となる。

 そうなるとヤリスとの棲みわけが難しく思えるが、スポーティなイメージの強いヤリスに対し、新型アクアは乗りやすさや使い勝手のよさを前面に打ち出し、幅広いユーザー層をターゲットとすることで差別化を図る。

リアビュー(画像はベストカー予想CG)

 アクアといえば気になる燃費。ヤリスがWLTCモード燃費で36.0km/Lの数値を出している以上、アクアはその上、40km/Lにより近い数字を謳って登場することになるだろう。

■4代目に進化! スポーツグレードも復活 NEWパッソ&ブーン(2021年4月デビュー予定)

 トヨタおよびダイハツの登録車におけるエントリーモデルがパッソ/ブーン。

 現行型はやや曖昧なハンドリングがクルマ好きから指摘されたが、来年4月に登場する新型は、「DNGA」の思想がいかされたプラットフォームになることで、走行性能が大きく引き上げられる。

スポーツグレードが設定されることもあり、外観は現行型のファニー系からグッと精悍なものになる。全体的な質感も引き上げられ、内装の仕上がりなども大きく向上する(画像はベストカー予想CG)

 あわせて久々のスポーツグレードも設定される。

 これはダイハツの「X4」の系譜に名を連ねるほど過激ではないが、トールなどが搭載するものではなく、新たに開発された1Lターボを搭載するというから期待できる。

 予想される出力は110ps/20.0kgm。引き締められた新プラットフォームと合わさることで、意外なほど活発な走りを見せてくれるだろう。

■レクサス初EVは航続距離400kmを実現! UX300e(2020年11月デビュー予定)

 昨年(2019年)12月にワールドプレミアされたレクサスブランド初のEVとなるUX300e。搭載されるリチウムイオンバッテリーの容量は54.3kWhで、1充電あたりの航続距離は400km。モーター出力は約204psを発揮する。

低重心化が図られ、スポーティな走りを実現するという

■2代目はFRサルーンへと進化! NEW MIRAI(2020年7月デビュー予定)

 昨年(2019年)の東京モーターショーでコンセプトモデルを披露したとおり、2代目MIRAIはFRサルーンへと大変身する。

デザインもスタイリッシュに変身

 FRプラットフォームに搭載される水素タンクはフロアトンネル内に進行方向向きに配置。

 容量アップとFCスタックの効率アップなどによって、航続距離は現行モデルよりも約30%アップし、800km程度まで向上する。

 現行型では4名だった乗車定員は5名になる。

リアスタイル

■高齢化社会などを見据え登場! 超小型EV(2020年12月デビュー予定)

 主に高齢化社会と地域の過疎化による交通の確保への対策のため、超小型車規格に合わせて開発されている2人乗りのスモールEV。

 ボディサイズは全長2490×全幅1290mm。1充電あたり(充電時間は200Vで5時間)で約100kmの走行が可能。最高時速は60km/hを実現する。

モーターショーで公開された超小型EV

■エスティマはFCVミニバンへと一新! NEW エスティマ(2022年以降デビュー予定)

 昨年(2019年)10月に生産を終了したエスティマだが、次期モデルの開発は何度も凍結と再開が繰り返されていて、現在は開発中だという関係者からの情報がある。

FCVミニバンで新時代をリードする(画像はベストカー予想CG)

 その次期型最大の注目はパワーユニット。従来どおりハイブリッド車も設定されるが、燃料電池車が投入される。そのパワーユニットは基本的に今年登場の次期型MIRAIから流用されるが、プラットフォームは専用開発となる。

※もっとも次期エスティマ開発についての情報は不明確な部分が多い。「スタイリッシュな次世代型ミニバン」の開発がトヨタ社内で進行していることは間違いないのだが、パワーユニットや車名、プラットフォーム含め、現時点では多数の選択肢があるようだ。本件については新情報が入り次第、順次お知らせします。

■その他 トヨタ期待の新型車たち!

・ハリアー 6月17日デビュー!超スタイリッシュSUV
・RAV4 PHV EV走行62km、システム出力は302hpを発揮!(2020年6月デビュー)
・ヤリスGRスポーツ 欧州仕様の3ドアボディが魅力的!(2020年10月デビュー)
・GRスーパースポーツ 1100ps超のロードゴーイングレーシングマシン (2021年1月デビュー予定)
・NEWノア 次期モデルは販売店統合でノアに統一!(2021年7月デビュー)
・86&BRZ 新シャシー&エンジンでポテンシャル大幅アップ!!!(2021年7月デビュー)
・ランドクルーザー いよいよ13年ぶりのフルモデルチェンジ!!(2021年7月デビュー)
・スープラGRMN ボディ剛性向上&軽量化「本気のスープラ」(2021年11月デビュー予定)
・カローラスポーツGRMN ゴルフRを追撃する本気のカローラスポーツ(2020年秋~2021年春頃デビュー予定)

【画像ギャラリー】本稿で紹介しきれなかったモデルも含めて!トヨタ未来の布陣をギャラリーでチェック!!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します