サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本に5台しかない6輪Gクラス! メルセデス・ベンツ G63 AMG 6×6を写真でチェック

ここから本文です

日本に5台しかない6輪Gクラス! メルセデス・ベンツ G63 AMG 6×6を写真でチェック

2014年に販売された6輪のメルセデス・ベンツG63 AMG 6×6。メルセデス・ベンツらしいラグジュアリーなインテリアに加え、軍用車に使われる6輪駆動システムや防弾仕様車に採用されるサスペンションを備える。日本への割り当てはわずか5台、そして8000万円で販売された激レアGクラスを写真と共に紹介しよう。

日本への割り当ては5台!8000万円のごっついGクラス

【東京オートサロン2021】年々人気が高まる記念トミカ! 過去モデルではトレノやシルビアなどの名車も登場

メルセデス・ベンツ G63 AMG 6×6は、2014年4月25日から8月31日までの期間限定で受注し、日本に5台のみ割り当てられ8000万円で販売された。

もともと四角くゴツいスタイルで人気を博しているGクラスだが、G63 AMG 6×6はタイヤが2本追加され6輪となり、樹脂製のオーバーフェンダーで全幅(横幅)を拡大しさらに迫力が増している。

巨大なオーバーフェンダーに6輪を備えるG63 AMG 6×6は、なんと6輪すべてが地面に動力を伝える「6輪駆動」を採用。この6輪駆動システムは、オーストラリア軍などに納入されている軍用技術を転用したものだ。

さらにサスペンションは、防弾仕様車で使われている強化コイルスプリングが装着され、まさに史上最強クラスのGクラスといっても過言ではない。

人が小さく見えるほどのデカさとゴツさ

全長5875mm、全幅2110mm、全高2280mmのサイズを誇るメルセデス・ベンツ G63 AMG 6×6は、隣に人が立つと人が小さく見えてしまうほどの大きさだ。

エクステリアは、丸型ライトにメルセデス・ベンツのエンブレムが輝く典型的なGクラスだが、左右に張り出したオーバーフェンダーと37X12.5R18(直径約94センチ!)という巨大なタイヤによって、ただ者ではない雰囲気を醸し出す。ボディ形状は、ピックアップトラックスタイルで、荷台部分に太いパイプを通しているのが特徴的だ。

G63 AMG 6×6は、乗用車として世界初のタイヤ空気圧調整システムを備えている。このシステムは、タイヤ空気圧を極端に減圧し路面とタイヤの設置面を増やして走行する悪路の場面で役立つ。この空気圧調整システムは、車内に備わるスイッチで6輪すべての空気圧を調整することが可能だ。

外観から想像できないラグジュアリーなインテリア

車内へ入るためには、最低地上高460mmの高さを乗り越えなければならないが、ステップに足をかけ車内へ乗り込むと、メルセデス・ベンツらしいラグジュアリーな空間が広がっている。

基本的なレイアウトはベースであるGクラスと共通で、ダイアモンドステッチが施されたシートやドアパネル、メッキ加飾されたスイッチ類が高級感を漂わせる。見た目のゴツさからは想像できないほどエレガントなインテリアは、背筋が伸びるほどの質感だ。

リアシートにもダイアモンドステッチが施されたシートやドアパネルが奢られ、シートの間には大型のコンソールが備わり、足元のスペースは足を余裕で組むこともできるほど広大だ。

G63 AMG 6×6のインテリアだけを見たら、高級セダンやショーファードリブンと勘違いしてしまうほどラグジュアリー。しかし、一歩外に出れば6輪の巨大なタイヤを備えたガチオフローダー。これほど究極アンマッチな車を製作できるのは、スーパーカーから大型トラック、そして軍事用車両まで手掛けるメルセデス・ベンツならではと言えるだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します