現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > STIチューンのカッコよすぎるスバル[WRX tS]が北米で登場! 日本導入を熱望!!

ここから本文です

STIチューンのカッコよすぎるスバル[WRX tS]が北米で登場! 日本導入を熱望!!

掲載 3
STIチューンのカッコよすぎるスバル[WRX tS]が北米で登場! 日本導入を熱望!!

 スバルオブUSAは2024年6月2日、米国最大のスバルファン向けイベント「Wicked Big Meet」でSTIチューンのダンパーなどさまざまな走りのアイテムを装着したWRX tSをワールドプレミアした。さっそくその内容を紹介しよう。

文:ベストカーWeb編集部/写真:スバル

STIチューンのカッコよすぎるスバル[WRX tS]が北米で登場! 日本導入を熱望!!

■STIチューンのサスとブレンボ製ブレーキを装着

WRX tS2025年モデルが北米で発表された

 このWRX tSはもちろん、STIによるチューニングが施されたモデル。電子制御ダンパーと改良されたサスペンションチューニングを特徴とする新しいSTIチューンドサスペンションにより、パフォーマンスとハンドリング能力、乗り心地を向上させているという。

 特徴的な内外装のアクセントと、新しいフルデジタルメータークラスターが、車両の美観を高めているのが特徴だ。WRX tSは、2025年初めに北米全国のスバル販売店で販売される予定。

19インチアルミホイールにブレンボ製ブレーキシステムを装着

 WRX tSには、シグネチャーゴールドカラーのフロント6ピストンキャリパーとリア2ピストンキャリパー、大型のパッド&ローターなど、ブレンボ製の高性能ブレーキシステムが装備され、強化された制動力、耐フェード性、およびペダルフィールを提供する。また、245/35 R19サイズのブリヂストンポテンザ S007 タイヤを標準装備し、ウェットとドライのグリップ力を高め、ブレーキ性能を向上させた。

 また、これまで北米のWRX「GT」のみに設定されていたドライブモードセレクトは、電子制御STI製チューンダンパーを搭載し、「コンフォート」「ノーマル」「スポーツ」の設定により、ドライバーの好みに合わせてダイナミックパフォーマンスを調整することが可能に。 



記事リンク















前の記事





[スポーツセダン]の現行スバル[WRX S4]は乗るといいのはわかるけど……先代型に乗り続けるオーナーがいまだに買い換えないワケ















次の記事





やっぱり[羽根つき]がスバルらしいぜ!! [WRX S4]に復活した[リアウイング]は実は3代続けての流用だったの!?















■輝く「tS」バッジとロゴ入りレカロシート

「tuned by STI」を示すチェリーレッドのtSロゴがまぶしい!

 外観ではアグレッシブなスタンスと大胆なルックスを提供するワイドボディデザインを採用。フロントには、スバルの特徴である六角形のグリルと、コンパクトなヘッドライトデザイン、ワイドなフロントフードスクープが組み合わされている。

 車両のフロント、サイド、リアに広がるキャラクターラインは、スポーツセダンの強さと性能をさらに強調。外装の折りたたみ式ミラー、ルーフに取り付けられたシャークフィンアンテナ、リアスポイラーはクリスタルブラックシリカで仕上げられ、特徴的な外観に。

 また、リアではデッキリッドにtSバッジが装着され、リアのテールライトは火山マグマをイメージした外観で輝くのが特徴的。サテングレー仕上げの印象的な19インチマルチスポークホイールがWRX tSに標準装備されている。

WRX tSのインパネ。ブルーのアクセントカラーが際立っている

 WRX tSのインテリアには新しい12.3インチのデジタルゲージクラスターが採用され、視認性が向上。地図表示やルート案内情報などの追加情報をドライバーに目立つように表示できるように。

ブルーのメーター照明が鮮やか

 シートボルスター、ステアリングホイール、ドアパネル、シフタートリムはブルーのアクセントが入り、STIロゴがイグニッションスタートボタンにあしらわれている。軽量化、低重心化、ヘルメットをかぶったドライバーのヘッドルーム拡大のため、パワームーンルーフは装備から削除された。

 また、フロントにはレカロ・パフォーマンス・デザインのシートが装備され、運転席と助手席の双方でドライビング時のサポート性を強化。シートバックレストの中央にあるY字型のデザインは、乗員の側面と肩甲骨をしっかりと支え、正しい運転姿勢を維持するというデザインコンセプトを具現化したもの。

WRX tSのフロントシート

 シートはブラックのウルトラスエードに包まれ、ブルーのアクセントがコントラストを効かせており、フロントヘッドレストとカーペット敷きのフロアマットには「WRX tS」のロゴがエンボス加工されている。運転席には8段階のパワー調整機能も装備。

■6MTをFA24ターボに組み合わせた日本にはない仕様!

WRX tSに搭載される水平対向4気筒のFA24ターボ

 インパネの11.6インチセンターインフォメーションディスプレイは、マルチメディア、空調、車両構成設定用の高解像度タッチスクリーンを提供。マルチメディアシステムには、ワイヤレスアップルプレイ、ワイヤレスAndroid Auto、AM / FM / HDラジオ、Bluetoothハンズフリー電話などが含まれる。

日本仕様のWRX S4には設定のない6MT

 WRX tSのパワートレーンには、伝説的なスバル・シンメトリカル・オールホイール・ドライブと、271hpを発揮するFA24型2.4Lターボに6速MTが標準装備されている。アクティブトルクベクタリングも標準装備。

今のところ日本導入の予定はないが、ぜひお願いしたいところ

 気になるWRX tSの価格は2024年後半にも発表される予定だというが、日本でもそろそろ年次改良が気になる時期。ぜひ日本市場への導入にも期待したいところだ。

【画像ギャラリー】北米で発表されたスバルWRX tSを写真でCHECK!!(62枚)

投稿 STIチューンのカッコよすぎるスバル[WRX tS]が北米で登場! 日本導入を熱望!! は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

マジで純正なの!? スープラにもGT-Rにも付いている巨大すぎる衝撃のリアウイング!
マジで純正なの!? スープラにもGT-Rにも付いている巨大すぎる衝撃のリアウイング!
ベストカーWeb
【解説】スバル「レヴォーグ」ってどんなクルマ? サイズやエクステリア&インテリアの特徴は? グレード・価格はどうなっている?
【解説】スバル「レヴォーグ」ってどんなクルマ? サイズやエクステリア&インテリアの特徴は? グレード・価格はどうなっている?
くるまのニュース
[GR86]が3年目の熟成に突入……ダンパーや電動パワステをより進化させ大進化 それでも約4万円アップの価格増で済むなんて!!!
[GR86]が3年目の熟成に突入……ダンパーや電動パワステをより進化させ大進化 それでも約4万円アップの価格増で済むなんて!!!
ベストカーWeb
スバル『BRZ』改良新型、MT車専用「SPORTモード」追加…価格は332万2000円から
スバル『BRZ』改良新型、MT車専用「SPORTモード」追加…価格は332万2000円から
レスポンス
気分をスカッとさせる昭和のじゃじゃ馬[マーチスーパーターボ]は現代のGRヤリスより速い?【リバイバルBESTCAR】
気分をスカッとさせる昭和のじゃじゃ馬[マーチスーパーターボ]は現代のGRヤリスより速い?【リバイバルBESTCAR】
ベストカーWeb
トヨタ・スバルが新型「スポーツカー」初公開! 見た目変わらず“中身”がめちゃ進化!? 新型「GR86/BRZ」がスゴい!
トヨタ・スバルが新型「スポーツカー」初公開! 見た目変わらず“中身”がめちゃ進化!? 新型「GR86/BRZ」がスゴい!
くるまのニュース
スバル新型「本格“2ドア”スポーツカー」発表! 6MTのみ&ガチガチボディで「超スポーティ」! 走行性能強化の「BRZ」登場
スバル新型「本格“2ドア”スポーツカー」発表! 6MTのみ&ガチガチボディで「超スポーティ」! 走行性能強化の「BRZ」登場
くるまのニュース
レクサスIS500ってどんなクルマ? 詳しく解説!
レクサスIS500ってどんなクルマ? 詳しく解説!
WEB CARTOP
トヨタ“新型スポーツコンパクト”「GR86」公開! オシャな「グリーン外装×ブラウン内装」仕様も登場! 走行性能も強化の「快速クーペ」発売へ
トヨタ“新型スポーツコンパクト”「GR86」公開! オシャな「グリーン外装×ブラウン内装」仕様も登場! 走行性能も強化の「快速クーペ」発売へ
くるまのニュース
トヨタとは違う──新型スバルBRZ試乗記
トヨタとは違う──新型スバルBRZ試乗記
GQ JAPAN
MTで操れるトヨタのコンパクトスポーツカー「GR86」が進化! “グリーンのボディ×ブラウンの内装”がおしゃれな限定車も注目です
MTで操れるトヨタのコンパクトスポーツカー「GR86」が進化! “グリーンのボディ×ブラウンの内装”がおしゃれな限定車も注目です
VAGUE
もはやベース車以上!! 最高にご機嫌な2台の乗り味に悶絶! [クラウンクロスオーバーランドスケープ]と[ポルシェ911ダカール]一気乗りでわかった2台の真実!!
もはやベース車以上!! 最高にご機嫌な2台の乗り味に悶絶! [クラウンクロスオーバーランドスケープ]と[ポルシェ911ダカール]一気乗りでわかった2台の真実!!
ベストカーWeb
6MTのみ! 超硬派なトヨタ「新型スポーツカー」発売! 後輪駆動に「専用ロールケージ」採用した本気の「走り仕様」は約350万円!
6MTのみ! 超硬派なトヨタ「新型スポーツカー」発売! 後輪駆動に「専用ロールケージ」採用した本気の「走り仕様」は約350万円!
くるまのニュース
走りの味にいっそうの磨きをかけて登場!TGR、「GR86」の一部改良を発表・特別仕様車の抽選受付も開始!
走りの味にいっそうの磨きをかけて登場!TGR、「GR86」の一部改良を発表・特別仕様車の抽選受付も開始!
LE VOLANT CARSMEET WEB
420馬力の日産「最強スポーツセダン」“爆速モード”追加! 加速感スゴいNISMOチューンの「スカイラインNISMO」登場!
420馬力の日産「最強スポーツセダン」“爆速モード”追加! 加速感スゴいNISMOチューンの「スカイラインNISMO」登場!
くるまのニュース
GR86がモータースポーツからのフィードバックで劇的。台数限定の特別仕様車「リッジグリーン リミテッド」も発表
GR86がモータースポーツからのフィードバックで劇的。台数限定の特別仕様車「リッジグリーン リミテッド」も発表
Webモーターマガジン
スバル新型「BRZ」発表! 伝統の「水平対向エンジン」搭載したピュア「FRスポーツカー」が進化! ド迫力のサウンド&性能アップに反響多数!
スバル新型「BRZ」発表! 伝統の「水平対向エンジン」搭載したピュア「FRスポーツカー」が進化! ド迫力のサウンド&性能アップに反響多数!
くるまのニュース
スバル BRZの改良モデルにもっと面白いMT車誕生!S耐譲りの「SPORTモード」が操る楽しさを革新する
スバル BRZの改良モデルにもっと面白いMT車誕生!S耐譲りの「SPORTモード」が操る楽しさを革新する
Webモーターマガジン

みんなのコメント

3件
  • KING MASTER
    VABのEJ20をスペックで超えなきゃダメ。
    魅力なし。
  • bla********
    時々見かけるようになったけど、すれ違うまでワゴンなんだかハッチバックなんだか分からないシルエットなんだよなー。
    この形が空力的にいいのかもしれないけどセダンの3ボックスのシルエットをはっきりさせた上でブリスターフェンダーの膨らみを強調する方が好きだなぁ。(個人の感想なんで否定的意見は無用です)
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

447.7623.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

103.8698.0万円

中古車を検索
WRX S4の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

447.7623.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

103.8698.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村