サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アルボンの起用から“レッドブル・ウイリアムズ”は生まれない チームCEO「レッドブルは彼の個人スポンサー」

ここから本文です

アルボンの起用から“レッドブル・ウイリアムズ”は生まれない チームCEO「レッドブルは彼の個人スポンサー」

アルボンの起用から“レッドブル・ウイリアムズ”は生まれない チームCEO「レッドブルは彼の個人スポンサー」

 ジョージ・ラッセルのメルセデス昇格に伴い、ウイリアムズは先日レッドブルF1チームでリザーブ兼テストドライバーを務めるアレクサンダー・アルボンを2022年に正ドライバーとして起用することを発表した。

 レッドブル育成として下位カテゴリーを走り、2019年にトロロッソ(現アルファタウリ・ホンダ)で‘F1デビュー。シーズン中盤からはレッドブルへ昇格し、続けて2020年もレッドブルでF1を戦った。2021年は成績不振からセルジオ・ペレスにシートを奪われるも、1年のブランクを経てF1シートを掴み取った。

■アルボンのウイリアムズ入りにラッセルのサポートあり!「彼に何杯かビールを奢らなきゃ」

 アルボンを放出することとなったレッドブルは、ウイリアムズへの移籍が決定した時点で、来季のリザーブ兼テストドライバーの契約を解除したものの、関係は維持したままにすると明らかにした。

 そのため、アルボンは何らかの形でレッドブルのロゴとともにF1を走ることが予想されているが、ウイリアムズのヨースト・カピトCEOはこれによりレッドブルF1チームとウイリアムズの蜜月関係が生まれるワケではないと語り、レッドブル総本家であるレッドブル・タイが個人スポンサーとしてアルボンに付くと説明した。

「彼は正式なウイリアムズのドライバーであり、レッドブルと契約は結んでいない」とカピトは言う。

「キャリアを通じて、彼には個人スポンサーとしてレッドブル・タイが付いている。そして彼には個人スポンサーを持つ権利がある」

「だから彼はレッドブルを個人スポンサーとして留めておくだろう。つまり、レッドブルとウイリアムズの関係ではないのだ」



 レッドブルは、今シーズン限りでの撤退を表明したホンダのパワーユニット(PU)事業を引き継ぐことになった。2022年からPUサプライヤーとなるレッドブルは、将来的なウイリアムズとのパートナー関係構築の可能性を否定していない。

 ウイリアムズは現在、メルセデスと2025年末までの長期的なPU供給契約を結んでいる。今シーズン、ホンダ製PUを搭載するレッドブルで2013年ぶりのチームタイトル獲得に向けて、シミュレーター作業を通じバックアップを行なうアルボンのウイリアムズとの契約には、メルセデスPUの知的財産権に関わる機密保持事項が盛り込まれているという。

 カピトは、アルボンのレッドブルでの役職が故に、今シーズン終了前にウイリアムズで具体的な準備が進められないのではないかと疑っていたが、その本人が最終戦アブダビ以降から作業を開始することを望んでいたという。

「彼はまだレッドブルで働いているし、彼らのためにシミュレーターに乗り作業を行なっている」とカピトは説明する。

「彼の(レッドブルとの)契約は年末に満了となる。そのため我々が話し合っているのは、より個人的なモノだ。技術的なモノではない。我々はそこをきっちり別けているし、それが正しいことだ」

「通常は、最終戦後に切り替わるものだ。そして契約は無論、1月から開始される」

「だが我々には何ができるのか、彼は最終戦後すぐに作業をしなくなるのかをレッドブルと話し合いをするつもりだ。彼は多くのシミュレーションやレースへ向けた準備をしているからね」

「(やめるのは)最終戦の後になるだろうから、我々の下に向かい入れられるのはその時になる」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します