サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランクル受注ストップ!? アウトランダー遂に登場! ほか国内最新情報10選

ここから本文です

ランクル受注ストップ!? アウトランダー遂に登場! ほか国内最新情報10選

 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずは、受注ロケットスタートを決めたランクル300、まさかのオーダーストップ? また北米で先行販売されていたアウトランダーがいよいよ日本登場との情報も。

辛口プロが「スンゴク楽しい!」 新型GR86/BRZ初試乗で走りの違いを実感

 さらに、アリア通常グレードは来年に? オデッセイ生産中止前倒し?? タントが電動パーキングブレーキ装備??? ダイハツがマイルドHVを発売しない理由…などなど、国内メーカーの最新情報を10個お届け!!!

※本稿は2021年8月のものです
文/遠藤 徹 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年9月10日号

【画像ギャラリー】注目新型車&メーカーの最新動向をギャラリーでクイックチェック!!!

■新型ランドクルーザー300がオーダーストップ!?

 トヨタが8月2日に発売した新型ランドクルーザー300が絶好調の滑り出しを見せています。

 7月1日からの2週間の先行予約では全国で累計2万1500台に達した模様です。当面設定している月販計画は350台程度ですので、このペースだと納期は5年かかる計算になります。

 このため一時オーダーストップとし、生産枠を増やせないか検討するものと思われます。大部分はノーマルタイプの最上級バージョンであるZXで占められていて、従来の専売店だったトヨタ店が最も多いものの、トヨペット店以下3系列店でも引き合いは多くなっているようです。

ランドクルーザーの待望の新型モデルということもあり、事前予約の段階でオーダーが殺到。さてトヨタは納期の長期化にどう対処するのか?

■三菱 次期型アウトランダーは10月下旬に発表&12月発売

 三菱自動車は次期型アウトランダーを10月下旬に発表、12月に発売する方向でスケジュール調整をしている模様です。

 日産の次期型エクストレイルとプラットフォーム、基本コンポーネント、ボディパネルの一部を共用しますが、フロントマスクを中心としたエクステリアデザインに特徴を持たせることで、コンセプト分けをしています。

 従来モデルに比べると直線を活かしたワイルド感のある仕立てとするようです。3列シート7人乗り仕様で、パワーユニットは2.4LのPHEVのみを搭載します。

 1年後には日産にもユニット供給し、次期型エクストレイルに搭載します。日産からは自動運転支援装置のプロパイロットの供給を受けて装着車を設定します。

 7月末にはすでに販売店向けの商品説明会を実施、ティザーキャンペーンを準備しています。現行モデルは9月いっぱいでオーダーストップとなる見込みです。以降は次期型の先行予約の受付を開始するものと思われます。

エクストレイルとの共通部分も気になる次期アウトランダー

■日産アリア 通常グレードの発売は来年にずれ込む見通し?

 日産はSUVタイプ新型電気自動車アリアの特別仕様車のリミテッドをインターネット上で予約販売しています。最近までトータル4000台の申し込みがあり、好調なスタートを切っています。

 これらの車種の納車が終了するのは今年末あたりであり、通常のカタログモデルの発売は来年にずれ込む見通しです。

 特別仕様車のリミテッドの価格は諸費用込みで600万~650万円で、カタログモデルはこれより100万円安い550万円程度の設定となる見込みです。

日本専用の特別限定車となった「日産アリア limited」

■2022年の日産の新型注目車の最新動向

 次期型セレナは来秋9月の登場が有力になっています。スポーツ&上級グレードで3ナンバーサイズのハイウェイスターと5ナンバーサイズの標準モデルとのデザインの違いをより明確にして仕立てるようです。

 パワーユニットは2Lのマイルドハイブリッドとシリーズハイブリッドである、改良型1.2L e-POWERを搭載します。ハイウェイスターはe-POWERのみの設定で、シリーズ全体の80%の販売構成比とする方向で商品ラインアップを構築します。

昨年(2020年)8月に一部仕様向上を果たした現行型セレナ ハイウェイスターV

■ホンダ、オデッセイを9月にも繰り上げて生産中止か?

 年内いっぱいで生産中止を公表しているオデッセイは予定を繰り上げ、9月いっぱいでオーダーストップする見通しになっています。これは生産枠を早めに消化しているためのようです。

 1~6月の登録実績は1万524台で前年同期に比べると115.7%増と急増しています。生産中止が明らかになり、今のうちに最終モデルを購入したいというユーザーが買い求めている状況のようです。

 月平均に換算すると1754台となり、ちょうどホンダカーズ店が月に1台販売している勘定であり、それでもメーカーとしては赤字になってしまうのです。

初代登場が1994年10月。ついに終売の時を迎える? ホンダ オデッセイ

■ホンダの2022年における注目新型車の最新動向

 ホンダの2022年における注目新型車は次期型ステップワゴン、シャトルの後継モデル、シビックの追加グレードが挙げられます。

 シャトルの後継モデルは従来のステーションワゴンのコンセプトで世代交代するとは限らず、SUVとステーションワゴンをクロスオーバーさせたSUV的な仕立てで、新しいユーザーニーズを追求する可能性もあります。

2015年春の登場から実に6年もの月日が流れたステップワゴン。次期型が待ち遠しい!?(写真はモデューロX)

■ダイハツ、タントに電子制御パーキングブレーキ装備車を設定

 ダイハツは近くマイナーチェンジを実施するタントに電子制御パーキングブレーキ装着車を設定する見込みです。軽乗用車にも採用車が増えていますが、まだまだ少数派。

 タントでダイハツ初の電動パーキングブレーキを採用することで、販売での劣勢を跳ね返す狙いがあります。

 進化したACCとのセットにも期待できます。

ダイハツ初の軽自動車用電動パーキングブレ ーキはタントに採用。ACCとの連動やブレーキホールドなど、メリットは大きい

■日産 マイナーチェンジ後のリーフの納期が大幅に遅れている

 日産は4月19日にリーフをマイナーチェンジしましたが、7月下旬現在の納期は10月と、3カ月の空きが生じる状況になっています。半導体部品の供給遅れが要因となっています。

 今年1~6月の月間平均登録台数は667台(前年同期比35.3%の大幅マイナス)で、大部分はマイナーチェンジ前のモデルであり、改良型はまだほとんど売られていない状況です。

今年4月にマイナーチェンジを果たした日産リーフ。ボディカラーの追加・変更や車内装備の充実が図られ、上質感漂うスタイルに仕上られた新グレード「アーバンクロム」(写真)も追加されている

■トヨタの大人気ミニバンの最新動向

 トヨタの2022年における注目新型車は次期型ノア/ヴォクシー、アルファードです。ノア/ヴォクシーは新年早々、後半の来秋はアルファードがそれぞれ、フルモデルチェンジして刷新されます。

 ノア/ヴォクシーの次期型はエスクァイアのみが廃止となりそうです。

 シリーズ全体としてはノアに一本化し、ヴォクシーはグレード名として3ナンバーのエアロボディのみを継続するようです。カタログはひとつの冊子にまとめられる可能性が大です。

 ノアは従来どおり5&3ナンバーボディで世代交代します。1.8Lハイブリッドは2WDのほか4WDも設定し、シリーズ全体の80%以上の販売構成比でラインナップの主軸となる見込みです。

 アルファード/ヴェルファイアは新型アルファードに一本化し、キープコンセプトながら、全高を若干引き下げ上級シフトします。

 パワーユニットは2.5LガソリンNA&ハイブリッドで、ハイブリッドは現行モデルでは4WDのみとなっていますが、ユーザーのニーズに合わせ新型では2WDも設定し、ハイブリッドの販売構成比を70%以上へ引き上げることを目論んでいるようです。

廃止の公算が高い? トヨタ エスクァイア

■ダイハツが軽のマイルドハイブリッドを発売しない理由

 ダイハツの開発本部筋によると、「ダイハツは軽自動車の電動化でモーターアシスト方式によるマイルドハイブリッド技術の実用化は選択肢としてない」と断言しています。

 これを採用するとスズキや日産・三菱の後追いになるので得策ではない、といったスタンスによるもののようです。

 有力なのはEV走行も可能なストロングハイブリッドです。ただし、技術的には可能であるものの、軽自動車にとって最も重要なコストの壁が現段階ではクリアできていないようなのです。

【画像ギャラリー】注目新型車&メーカーの最新動向をギャラリーでクイックチェック!!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します