サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > JFEスチール、独自技術用いた1.5GPa級の超ハイテン材 新型「レクサスNX」のルーフセンターリンフォースに採用

ここから本文です

JFEスチール、独自技術用いた1.5GPa級の超ハイテン材 新型「レクサスNX」のルーフセンターリンフォースに採用

JFEスチール、独自技術用いた1.5GPa級の超ハイテン材 新型「レクサスNX」のルーフセンターリンフォースに採用

 JFEスチールは、超高張力鋼板(超ハイテン材)の独自成形技術を用いた1・5ギガパスカル (1470メガパスカル )級の超ハイテン材が、新型レクサス「NX」のルーフセンターリンフォースに採用されたと発表した。鋼板のプレス時に発生する元の形に復元する現象であるスプリングバックを低減させる「ストレスリバース工法」を利用している。同工法を採用した自動車部品の採用は初めてとなる。

 ストレスリバース工法は、鋼板が変形する方向を逆にした直後の変形応力は小さくなるという鋼板特性「バウシンガー効果」を活用している。プレス成形時に材料に残る応力を低減させることができる特徴を持つ。超高張力鋼板は通常の鋼板に比べてスプリングバックが大きくなるため、スプリングバック後に正しい部品形状となるよう金型形状をより精密に設計する必要があり、事前の金型製作には多大な時間やコストがかかっていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します