現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 予選2はYARTヤマハの3人が2分05秒台で圧巻。Team HRCは2番手、スズキ勢3チームがトップ10入り/鈴鹿8耐

ここから本文です

予選2はYARTヤマハの3人が2分05秒台で圧巻。Team HRCは2番手、スズキ勢3チームがトップ10入り/鈴鹿8耐

掲載
予選2はYARTヤマハの3人が2分05秒台で圧巻。Team HRCは2番手、スズキ勢3チームがトップ10入り/鈴鹿8耐

 8月4日、三重県・鈴鹿サーキットで2023 FIM世界耐久選手権(EWC)第3戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第44回大会の公式予選2回目が行われ、ブルーライダーはニッコロ・カネパ(YART YAMAHA OFFICIAL EWC TEAM)、イエローライダーはマービン・フリッツ(YART YAMAHA OFFICIAL EWC TEAM)、レッドライダーはカレル・ハニカ(YART YAMAHA OFFICIAL EWC TEAM)がトップタイムをマークした。

 また、YART YAMAHA OFFICIAL EWC TEAM(ニッコロ・カネパ/マービン・フリッツ/カレル・ハニカ)が予選1回目、2回目の総合トップに立ち、暫定ポールポジションを獲得している。

オートレース宇部のシャーリン、カワサキプラザ岩戸亮介、チーム長野の櫻山茂昇が欠場に/鈴鹿8耐

 鈴鹿8耐の公式予選は、エントリーする3人のライダー中ふたりが記録したベストタイムの平均で争われ、予選上位10チームが決勝グリッドトップ10およびポールポジションを賭けてタイムを競う土曜日の“トップ10トライアル”に進出することになる。

 金曜日に行われた予選1回目では、赤旗中断が余儀なくされるも白熱したタイム合戦が繰り広げられるなか、長島哲太(Team HRC with 日本郵便)が2分05秒722を叩き出して総合トップに立った。さらにカレル・ハニカ(YART YAMAHA OFFICIAL EWC TEAM)が、長島のタイムに迫る2分06秒009をマークして2番手に詰め寄った。

 そして、土曜日はいよいよトップ10トライアルをかけた予選2回目が行われた。当初9時50分にスタートが予定されていた予選2回目が、15分遅れでスタートした。決勝日は台風の影響で雨が予想されているが、青空が広がる空のもと、ドライコンディションで行われ、まずはブルーライダーからアタックを開始した。

 ブルーライダーで真っ先に2分06秒台に突入させたのは、水野涼(Astemo Honda Dream SI Racing)と長島だった。長島哲太がトップに立つなか、中盤にはニッコロ・カネパ(YART YAMAHA OFFICIAL EWC TEAM)が、なんと2分05秒948を叩き出してトップに踊り立つ。最後までそのタイムを上回るライダーは現れず、長島哲太も予選1回目のタイムを更新できず、2分06秒235がこのセッションでのベストタイムとなり2番手で終えている。

 水野涼は3番手に並び、4番手にはグレッグ・ブラック(Yoshimura SERT Motul)がつけた。また、セッション終盤にアタックに入ろうとしたマーカス・ライターベルガー(BMW MOTORRAD WORLD ENDURANCE TEAM)は1コーナーあたりで転倒を喫し、8番手となった。

 続いてイエローライダーは、カネパの好調に次いでマービン・フリッツ(YART YAMAHA OFFICIAL EWC TEAM)が、開始早々に2分06秒981でトップに立った。しかし、シルバン・ギュントーリ(ヨシムラSERT Motul)がそれを上回るペースでアタックを続け、0.698秒上回ることに成功。

 しかし、マービン・フリッツも2回目のアタックで意地を見せた。2回目のアタックで驚愕の2分05秒857を叩き出し、さらに連続アタックでも0.012秒縮め、YART YAMAHA OFFICIAL EWC TEAMが総合トップに浮上した。

 3番手には日浦大治朗(Honda Dream RT SAKURAI HONDA)、4番手には長尾健吾(TEAM KODAMA)が並んだ。高橋巧(Team HRC with 日本郵便)は2分07秒532で5番手にとどまっている。

 最後はレッドライダーのアタックが行われ、まず、チャビ・ビエルゲ(Team HRC with 日本郵便)が2分07秒231でトップに立つと、なんと荒川晃大(Honda Dream RT SAKURAI HONDA)が2分07秒481で2番手に並ぶ。しかし、ここでもまたYART YAMAHA OFFICIAL EWC TEAMが速さを見せ、ユーズドタイヤでアタックしたカレル・ハニカがチャビ・ビエルゲのタイムを0.106秒上回りトップに立った。

 その頃、アタックを試みていたタラン・マッケンジー(F.C.C. TSR Honda France)がアタック中に逆バンクあたりで転倒を喫し、マシンに少しダメージを負っていた。

 また、カレル・ハニカは新品タイヤに履き替えて2度目のアタックを開始すると、2分05秒870を叩き出して自己ベストを塗り替えた。2番手には2分06秒942をマークした榎戸育寛(TOHO Racing)、3番手にはチャビ・ビエルゲ、4番手にはマルセル・シュロッター(S-PULSE DREAM RACING-ITEC)が並んだ。

 予選2回目では、YART YAMAHA OFFICIAL EWC TEAMの3名のライダーが2分05秒台を叩き出し、総合での速さを見せつけた。さらにTeam HRC with 日本郵便を抑えて総合トップに立っており、暫定ポールポジションを獲得している。そして、トップ10トライアルに出場できる上位10チームが確定となった。

 上位10チームはHonda Dream RT SAKURAI HONDA、S-PLUSE DREAM RACING -ITEC、F.C.C. TSR Honda France、AutoRace Ube Racing Team、SDG Honda Racing、TOHO Racing、Astemo Honda Dream SI Racing、ヨシムラSERT Motul、Team HRC with 日本郵便、YART Yamaha Official EWC TEAMだ。

 午後から行われるトップ10トライアルでは、いよいよポールシッターが明らかになるとともに、決勝グリッドが確定する。2022年の鈴鹿8耐を制したTeam HRC with 日本郵便か、EWCランキングトップのYART YAMAHA OFFICIAL EWC TEAMか。はたまた、EWCフル参戦チームや日本勢チームが牙を向くのか、注目したい。

関連タグ

こんな記事も読まれています

「この結果は大きな意味を持つ」と3位ラッセル。コンストラクターズ2位もハミルトンは勝利を渇望:メルセデス/F1第23戦
「この結果は大きな意味を持つ」と3位ラッセル。コンストラクターズ2位もハミルトンは勝利を渇望:メルセデス/F1第23戦
AUTOSPORT web
ダンロップがサスティナブルタイヤをレーシングカート用に開発する理由は? グリップ力も耐摩耗性も向上しています
ダンロップがサスティナブルタイヤをレーシングカート用に開発する理由は? グリップ力も耐摩耗性も向上しています
Auto Messe Web
宮田莉朋のFIA F2所属チームはカーリン! かつては角田裕毅、佐藤琢磨らも所属の名門……チームメイトはマローニ
宮田莉朋のFIA F2所属チームはカーリン! かつては角田裕毅、佐藤琢磨らも所属の名門……チームメイトはマローニ
motorsport.com 日本版
スバル新型「フォレスター」初公開! SUVらしい“ゴツ顔”へ進化!? 初のハイブリッド搭載も宣言!
スバル新型「フォレスター」初公開! SUVらしい“ゴツ顔”へ進化!? 初のハイブリッド搭載も宣言!
くるまのニュース
アウディ第3の電動クーペSUVをスクープ!『Q6スポーツバック e-tron』そのパフォーマンスは
アウディ第3の電動クーペSUVをスクープ!『Q6スポーツバック e-tron』そのパフォーマンスは
レスポンス
バニャイア、優勝で2連覇達成。1年前から遂げた「大きな成長」/第20戦バレンシアGP
バニャイア、優勝で2連覇達成。1年前から遂げた「大きな成長」/第20戦バレンシアGP
AUTOSPORT web
「トラックステーション」って何? いま減少傾向にある一般ドライバーには「謎の施設」の正体とは
「トラックステーション」って何? いま減少傾向にある一般ドライバーには「謎の施設」の正体とは
WEB CARTOP
いち早く市販化を切望! ジャーナリストがJMSで見つけた「現実味のある」BEVコンセプト5台
いち早く市販化を切望! ジャーナリストがJMSで見つけた「現実味のある」BEVコンセプト5台
WEB CARTOP
野尻智紀が明かす、海外進出に対する複雑で“アンバランス”な感情。現状関心あるカテゴリーはない一方「挑戦したいという気持ちはあります」
野尻智紀が明かす、海外進出に対する複雑で“アンバランス”な感情。現状関心あるカテゴリーはない一方「挑戦したいという気持ちはあります」
motorsport.com 日本版
フロンテやミニカなど、2スト車も元気に参加…昭和平成名車展示会
フロンテやミニカなど、2スト車も元気に参加…昭和平成名車展示会
レスポンス
トヨタ新型「ハイラックス チャンプ」発表! アンダー200万円で5速MT設定あり! 全長5m超えの「IMV 0」タイで受注開始
トヨタ新型「ハイラックス チャンプ」発表! アンダー200万円で5速MT設定あり! 全長5m超えの「IMV 0」タイで受注開始
くるまのニュース
スズキが「2023国際ロボット展」でロボットの足として活用できる電動モビリティベースユニットの使用事例を紹介
スズキが「2023国際ロボット展」でロボットの足として活用できる電動モビリティベースユニットの使用事例を紹介
THE EV TIMES
【スクープ】これがBMW「ノイエ・クラッセSUV」の実車だ! フロントグリルは1960年代モデル風のデザインか?
【スクープ】これがBMW「ノイエ・クラッセSUV」の実車だ! フロントグリルは1960年代モデル風のデザインか?
LE VOLANT CARSMEET WEB
細部も作り変えてスタンダードに改造!1/24ミニカー改造で「観音クラウン1900」をタクシー化・前編【モデルカーズ】
細部も作り変えてスタンダードに改造!1/24ミニカー改造で「観音クラウン1900」をタクシー化・前編【モデルカーズ】
LE VOLANT CARSMEET WEB
超レトロな「丸目タクシー」実車展示! 豪華赤レザー内装が味わい深い! 岐阜市の交通イベントとは
超レトロな「丸目タクシー」実車展示! 豪華赤レザー内装が味わい深い! 岐阜市の交通イベントとは
くるまのニュース
ポルシェ パナメーラ 新型、予約受注開始…価格は1424万円より
ポルシェ パナメーラ 新型、予約受注開始…価格は1424万円より
レスポンス
2024年のF1シート19席が”残留決定”も、ウイリアムズだけ空席あり。しかし最有力はやはりサージェントの残留か?
2024年のF1シート19席が”残留決定”も、ウイリアムズだけ空席あり。しかし最有力はやはりサージェントの残留か?
motorsport.com 日本版
900万円超え! トヨタが新型「爆速SUV」発表! 306馬力の超スポーティな「RAV4 プラグイン GRスポーツ」西で発売
900万円超え! トヨタが新型「爆速SUV」発表! 306馬力の超スポーティな「RAV4 プラグイン GRスポーツ」西で発売
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村