サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 日本初の常設サーキット『多摩川スピードウェイ』跡地の観客席が取り壊しの危機。保全団体は治水事業との“両立”望む

ここから本文です
 1936年に開場し、日本初の常設サーキットとして本田宗一郎はじめ自動車産業の発展に貢献した多くの人物・企業がレースを戦った『多摩川スピードウェイ』。多摩川の河川敷に作られた1周1.2kmのオーバルコースは現存しておらず、跡地は野球場などに使われているが、現在もその跡地にはコンクリート製の観客席が当時のまま残されており、歴史的遺産のひとつとなっている。しかし、これが取り壊しの危機にあるようだ。

 この観客席は川の土手を利用して作られており、河川敷にあるサーキット跡地と、多摩沿線道路を隔てるような形で現存している。

おすすめのニュース

サイトトップへ