サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > MaaSに活用する移動情報統合データ基盤を開発へ NEDO

ここから本文です

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は12月2日、モビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)の実現に向けて複数交通事業者間の異なるシステムのデータをシームレスに共有し、分析できる移動情報統合データ基盤を開発する事業を実施すると発表した。

事業はMaaS Tech Japanに委託する。期間は2019年度から最長で2021年度。

事業では、交通系データプラットフォームとして、データ基盤上でのMaaS向けサービス開発の促進し、異なる交通事業者のデータの収集・蓄積、解析が容易にできる機能を開発する。

おすすめのニュース

サイトトップへ