現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > もうすぐ販売終了…日産ティアナの功績と何がいけなかったのか

ここから本文です

もうすぐ販売終了…日産ティアナの功績と何がいけなかったのか

掲載 更新 24
もうすぐ販売終了…日産ティアナの功績と何がいけなかったのか

 日産ティアナが、生産終了となる――。

 北米では「アルティマ」の名で人気を博し、スタイリッシュな姿と広い車内、サイズの割には手頃な価格で評判がよかった、日産ティアナ。

【日本車の鬼門!!?】 果敢に挑み散っていったクーペ風5ドアハッチバック 6選

 現行ティアナ(L33型)は、2013年に登場した3代目で、初代のコンセプト「モダンリビング」と、2代目の「おもてなし」のいいとこどりをした上に、「走りの楽しさ」も加えられたクルマだ。

 (※現行のアルティマは6代目へモデルチェンジしている)

 セダン不振の影響があるとはいえ、カムリやマツダ6、アコードなど、国産ラージFFセダンは、(販売は苦戦しているかもしれないが)日本国内でもまだまだ販売している。なぜティアナはモデル廃止に追い込まれてしまったのだろうか。

文:吉川賢一、写真:日産

【画像ギャラリー】生産終了する日産ティアナ歴代車をみる

ティアナの足跡と功績とは?

 まずは、ティアナの足跡と功績を振り返ってみよう。初代ティアナが誕生したのは2003年2月。それまでのセフィーロやローレルといったアッパーミドルセダンの後継車として登場した、高級ラージFFセダンだ。

初代ティアナ

 2003年は、倒産間際まで追い詰められた日産が、ゴーン元社長の指揮の元、復活の道筋として打ち出した3か年計画の「日産リバイバルプラン(2000年4月~)」を1年前倒しで達成し、次の中期プラン「日産180(ワンエイティ)2002年4月~」を始めた翌年だ。

 倒産を免れるため、資産売却や村山工場廃止、大量リストラなど、大規模な整理をしたあとであり、前年まで100名以下の新入社員が、その年以降、1000名近くにまで急増するほど、人材を集めていた時代であった。

 新型車を市場へ大量投入して世界へ打って出る、という「ただならぬ勢い」が日産にあった時代でもあった。

「モダンリビング」コンセプトの浸透が、ティアナの最大の功績

 話を戻すが、初代ティアナのコンセプト「モダンリビング」は、非常によくできた概念だったと思う。

初代ティアナ 車内

 それまでの日産は、901活動などを通して培った「走行性能の高さ」を最大のセールスポイントとして打ち出し、自らを「技術の日産」と呼んでいた。

 そして、その「走行性能の高さ」をアピールする戦い方が「正しい」と思い込んでいた。そんなときに、初代ティアナは「走行性能の高さ」よりも、「インテリア」を一番に強調したのだ。

 セリングポイントであったインテリアは、センタコンソールやダッシュボードには木目を模したパネルがあしらえられ、シートは北欧家具のソファにも見える豪華なもので、まさにモダンリビングのコンセプトを具体化していた。

 特に筆者は、「パールスエード」というシート素材の手触りが大好きであった。また助手席には、ふくらはぎを支えるオットマンが備えられており、これも実に快適な装備であった。

ふくらはぎを支えるオットマン(写真は2代目ティアナ)

 「こんな軟弱なクルマは日産車ではない」と思った方も中にはいたかもしれないが、実は、走りについて手を抜くことはなく、しっかりとした作りこみがなされていた。

 トップグレードには3.5リッターV6エンジンを搭載し、その気になれば鋭い加速と、滑らかなエクストロニックCVTによって、非常に上質な走りを実現していた。

 つまり、「走り」だけの日産から「インテリアのセンスも良い」というイメージを、世間に打ち出していた。初代ティアナは日産のターニングポイントともなったクルマだったのだ。

なぜティアナはモデル廃止に追い込まれたのか?

アルティマ( 海外仕様)


 海外では新モデルがアルティマとして、未だに売れ続けているクルマだ。スタイリッシュなエクステリア、美しいインテリア、快適な居住空間、そして走行性能も高く、しかも安い。

 しかし、日本市場では全くと言っていいほどに売れていない。その良さは、一度でも乗ればわかってもらえるのだが、際立ったセールスポイントが見当たらないことに加え、セダン需要の縮小も影響している。

現行型ティアナ

 そして、これは筆者の予測だが、セダン需要はすべてスカイラインへ譲りたいという思惑が日産にあり、そのためにティアナは、モデル廃止となってしまったのではないだろうか。

まとめ

 現在、海外で売られている新型アルティマ(L34型)には、世界初の量産型2リッター直列4気筒可変圧縮比ターボエンジン「VCターボ」が搭載されている。

 V6ガソリンエンジンと並ぶ動力性能を発揮しながら、4気筒エンジンと同等の低燃費を実現するこのエンジンには、日産のエンジン技術のすべてが集められた傑作だ。このモデルが、国内市場にいないことは非常に寂しい。

 しかし、いま日産には、「走りの良さ」や「先進技術」や「EV技術」ではなく、初代ティアナのような「新たな発想」を持ったクルマが必要ではないだろうか。

 初代ティアナが、「走りだけ日産」というイメージを打ち破ったように、日産が、我々を良い意味で裏切ってくれたら、きっと風向きは変わるはずだ。

【画像ギャラリー】生産終了する日産ティアナ歴代車をみる

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

【ホンダ フリード 新型】CROSSTARのインテリアでゆったりした気持ちになれる
【ホンダ フリード 新型】CROSSTARのインテリアでゆったりした気持ちになれる
レスポンス
都心のど真ん中で初の開催! 全日本カート選手権EV部門を「シティサーキットTOKYOベイ」で実施
都心のど真ん中で初の開催! 全日本カート選手権EV部門を「シティサーキットTOKYOベイ」で実施
LE VOLANT CARSMEET WEB
映像公開! ド迫力のスバル「プロジェクト・ミッドナイト」がヒルクライムに挑んだ
映像公開! ド迫力のスバル「プロジェクト・ミッドナイト」がヒルクライムに挑んだ
レスポンス
ホンダ新型「“小さい”ミニバン」登場! 4WD性能も大進化 & 3列目の乗り心地も「GOOD!」 “FF VS 4WD”実際どうなのか?
ホンダ新型「“小さい”ミニバン」登場! 4WD性能も大進化 & 3列目の乗り心地も「GOOD!」 “FF VS 4WD”実際どうなのか?
くるまのニュース
女性だけのフォーミュラカーカテゴリーが日本で誕生。KYOJO CUPが2025年から使用のハイブリッドF4車両をお披露目
女性だけのフォーミュラカーカテゴリーが日本で誕生。KYOJO CUPが2025年から使用のハイブリッドF4車両をお披露目
motorsport.com 日本版
ミッフィーに鉄腕アトムって信号無視も減ること確実! 世界の映え確実な「キャラ歩行者信号機」
ミッフィーに鉄腕アトムって信号無視も減ること確実! 世界の映え確実な「キャラ歩行者信号機」
WEB CARTOP
北米版『日産 エクストレイル』のオフロード仕様「Rock Creek」がかなりシブい[詳細画像]
北米版『日産 エクストレイル』のオフロード仕様「Rock Creek」がかなりシブい[詳細画像]
レスポンス
スズキ新型「アルト」まもなく登場!? “超”軽量化で「600kg以下」に? めちゃ楽しそうな「ウルトラライト軽」誕生か
スズキ新型「アルト」まもなく登場!? “超”軽量化で「600kg以下」に? めちゃ楽しそうな「ウルトラライト軽」誕生か
くるまのニュース
角田裕毅、レッドブルF1の現行規則マシンで急遽ドライブも「全開じゃないのでカラーリングが違うだけ」
角田裕毅、レッドブルF1の現行規則マシンで急遽ドライブも「全開じゃないのでカラーリングが違うだけ」
motorsport.com 日本版
プジョー9X8の新たなレースドライバーは、リザーブを務めるマルテ・ヤコブセンに決定
プジョー9X8の新たなレースドライバーは、リザーブを務めるマルテ・ヤコブセンに決定
AUTOSPORT web
「第二アクアライン」実現へ本腰!? 花火大会にまで“名称復活” 10年を経て現実味帯びる“意外な理由”とは
「第二アクアライン」実現へ本腰!? 花火大会にまで“名称復活” 10年を経て現実味帯びる“意外な理由”とは
乗りものニュース
WGPの遺伝子を受けついだ海外専用2ストマシン ヤマハ「RD350」が海外オークションに登場 80年代の“極上モデル”その落札価格とは
WGPの遺伝子を受けついだ海外専用2ストマシン ヤマハ「RD350」が海外オークションに登場 80年代の“極上モデル”その落札価格とは
VAGUE
新たな日産「R34 スカイライン GT-R」誕生! 究極のRB26搭載×ボルト1本までカスタム!?  5500万超えの最強モデルとは
新たな日産「R34 スカイライン GT-R」誕生! 究極のRB26搭載×ボルト1本までカスタム!? 5500万超えの最強モデルとは
くるまのニュース
2連勝中のメルセデス、酷暑のハンガリーはやっぱり苦手? ハミルトン「良い1日ではなかった」
2連勝中のメルセデス、酷暑のハンガリーはやっぱり苦手? ハミルトン「良い1日ではなかった」
motorsport.com 日本版
「バイク専用ナビ」開始!【パイオニア】が「MOTTO GO」公式版で安全・快適なツーリングをサポート  
「バイク専用ナビ」開始!【パイオニア】が「MOTTO GO」公式版で安全・快適なツーリングをサポート  
モーサイ
レッドブル昇格に意欲を示す角田裕毅「上位争いの準備はできている」ローソン説には「彼が選ばれるとしたら奇妙」
レッドブル昇格に意欲を示す角田裕毅「上位争いの準備はできている」ローソン説には「彼が選ばれるとしたら奇妙」
AUTOSPORT web
ホンダ 新型CR-V正式発表!プラグイン充電機能を持つ燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」は809万4900円なり
ホンダ 新型CR-V正式発表!プラグイン充電機能を持つ燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」は809万4900円なり
Webモーターマガジン
ウイリアムズ、オコンがシートフィッティング実施? しかしボウルズ代表「我々の道は交わらないだろう」
ウイリアムズ、オコンがシートフィッティング実施? しかしボウルズ代表「我々の道は交わらないだろう」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

24件
  • 現行のティアナがV6を廃止して4気筒のみの仕様でデビューした時の、ベストカー誌の叩きっぷりは異様だった。有り体に言ってしまうと、「こんな部数に繋がらないクソみてぇな車を出しやがって……日産は俺達を路頭に迷わせる気か!!」と、青筋を立てているのが丸分かりだった。

    あなたがたはジャーナリストでも何でもない。「ハエー!スゲー!カッケー!」「デケー!ゴチー!ツエー!」「ウケテー!モテテー!ヤリテー!」という、人間の欲望を煽りまくった20世紀の自動車産業に寄生し、一緒になって囃し立ててきただけの存在だ。その自動車産業が違う方向に舵を切れば、存在意義を失って死に絶えるのは当たり前のこと。新しい発想が必要なのは日産ではない。あなたがただ。
  • 3.5リットルのエンジンを国内の主力に持ってきた時点で無理があった。
    自分も一台は購入したけど、旅行とかは良いとして、毎日の通勤に使うには排気量が大きく燃費も悪かった。
    バブル崩壊後に維持費が高くつく車は国内市場を完全に無視していたね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

256.4351.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0185.8万円

中古車を検索
ティアナの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

256.4351.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0185.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村