サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「いやいや精巧すぎるだろ・・・」名機EJ20がアルミ削り出しのキーチャームになった!

ここから本文です

無垢のアルミ材から削り出し!

ボクサーエンジン“EJ20”をモチーフにしたキーチャームが新登場!

「ホンダeとN-ONE RSを魔改造! その真意とは!?」ホンダアクセス想定外チューンド開発記Part.2

惜しまれつつも2019年12月で生産終了となったスバルの名機“EJ20”エンジンが、STIの手によって超精巧なキーチャームとして復活だ。

EJ20のメモリアルアイテムとしてリリースされたこの製品は、無垢のアルミ材から削り出しで製作。表面はオルタネーターやプーリー、そしてベルトまで忠実に再現され、裏面にはSTIのロゴが彫り込まれる。

サイズは縦約45mm×横約65mm×厚さ約18mmで、価格は1万7500円。

おすすめのニュース

サイトトップへ