サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > よりSUVらしく! GLシリーズの末弟、「メルセデス・ベンツGLA」が2代目へと進化

ここから本文です

よりSUVらしく! GLシリーズの末弟、「メルセデス・ベンツGLA」が2代目へと進化

ホイールベースを30mm拡大して居住性がアップ

12月11日、ダイムラーはフルモデルチェンジを受けて2代目に生まれ変わった新型「メルセデス・ベンツGLA」を発表した。欧州では2020年の春に発売され、その後、アメリカや中国に導入される見通しだ。

【スクープ】「EQシリーズ」の頂点! 「メルセデス・ベンツEQS」の市販型プロトタイプをキャッチ

新型のボディサイズは全長4410×全幅1834×全高1611mmで、ホイールベースは2729mm。このディメンションは従来型と比べて14mm短く、30mm幅広く、104mm高い。ホイールベースは30mm拡大された。

スタイリングは全高が10cm以上高められたことによって、先代型よりSUVらしいフォルムになった。ホイールベースを拡大した一方で、全長は少し短くなったことで、オーバーハングはフロントが905mm、リヤは776mmと比較的短めに。これにより18.3度のアプローチアングル、22.1度のディパーチャーアングルが確保された。




デザインは現行「A/Bクラス」、「CLAクーペ/シューティングブレーク」と同様に新世代メルセデスのデザイン哲学「センシュアル・ピュリティ(官能的純粋)」が反映。キャラクターラインを減らしフラットなサーフェスが強調されている。とはいうものの、ボンネットフードの「パワードーム」にはプレスラインが入るなど、SUVとしての力強さは表現されている。前後ライトのデザインも一新。リヤライトが2分割されているのはテールゲートの開口部を少しでも広くとるためだ。

インテリアデザインの基本は、現行A/Bクラスなどのイメージを反映。航空機エンジンのタービンからインスピレーションを得たエアコンルーバーなどは、それを実感させるディテールだ。

インパネには7インチと10.25インチ、またはふたつの10.25インチディスプレイが配置され、デジタル化の促進を感じさせる。対話式音声認識機能を採用した「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」も採用されている。

全幅や全高、ホイールベースの拡大により、室内は広くなった。フロントのヘッドルームは最大22mm、リヤのレッグルームは116mm拡大。肘まわりのスペースはフロントで34mm、リヤで45mm広くなっている。

荷室も拡大した。シートが定員乗車状態の通常時では従来型より14Lプラスとなる435Lを確保。さらに荷室は40対20対40の3分割可倒式リヤシートによってアレンジが可能だ。荷室最大時の容量は未発表だが、長さで1422mm、幅で1272mmの空間が確保できるという。

パワートレインは今のところガソリン仕様を2種類設定。「GLA200」には163ps/250Nmを発揮する1.3L直列4気筒ターボと7速DCTを搭載し、8.7秒の0-100km/h加速、210km/hの最高速、そして最高で17.9km/Lの燃費(欧州複合モード)を実現する。

そしてAMG仕様の高性能版「AMG 35 4MATIC」には、306ps/400Nmを発揮する2L直列4気筒ターボと8速DCT(AMGスピードシフトDCT 8G)を搭載。5.1秒の0-100km/h加速、250km/h(リミッター作動)の最高速、そして最高で13.5km/Lの燃費(欧州複合モード)をマークする。

運転支援システムは最新型が採用され、コンパクトカーセグメントで最高水準を誇る。ステアリングアシスト機能や緊急回避機能、出口警告機能、横断歩道での歩行車検知機能など、多彩な機能を盛り込む。例えばアクティブブラインドスポットアシストは、後方から来る自転車も検知し、ドライバーに知らせる。また、衝突回避を支援するアクティブレーキアシストは車速60km/h以下で作動し、静止状態の車両や、歩行者との衝突を回避する。




おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します