サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ピレリF1責任者、2021年の18インチタイヤ導入に自信。「13インチに戻る可能性はない」

ここから本文です

ピレリF1責任者、2021年の18インチタイヤ導入に自信。「13インチに戻る可能性はない」

ピレリF1責任者、2021年の18インチタイヤ導入に自信。「13インチに戻る可能性はない」

 ピレリのカーレーシング部門責任者を務めるマリオ・イゾラは、2021年にF1が18インチタイヤを導入することは確定しており、チーム側から撤回することは不可能だと述べている。

 タイヤに関しては、過去数シーズンに渡ってたびたびチームとドライバーの不満の種となっており、耐久性やグリップ、またはその双方への批判が集中していた。

フェラーリF1、新車発表直前に18インチタイヤのテストも、2020年型マシンの使用は許されず

 コース上での見せ場を改善するためのF1からの要求や指示にしたがって、ピレリは過去に何度か仕様変更を行なっている。

 しかし変更が期待に沿わないものであった場合、チームは決定事項を覆すという点で影響力を及ぼしてきた。ピレリの2020年仕様のタイヤのケースも同様で、昨年に試用とテストが行なわれたものの最終的に却下され、今年はコンパウンドの面では現状を維持することになっている。

 しかしながらイゾラは、1年後の18インチタイヤへの切り替えが覆されることはないとして、断固とした態度をとっている。

『Motorsport-Total』は、「13インチタイヤに戻る可能性はない」とイゾラが語ったと報じている。

「幸いにも我々は、すでに3回のテストを2019年に行なっている。18インチタイヤへの当初のフィードバックは良いものだったので、今年予想外のことが起きるとは想定していない」

「すべてが新しくなる場合、問題が起きることを予期して、半日かそれ以上作業を止めなければならないこともある。だが問題はまったくなかった」とイゾラは付け加えた。

 ピレリは今年も18インチタイヤのテストプログラムを継続し、何箇所かの会場で25日間のテストが予定されている。

 2019年は一部のテストに8チームしか参加しなかったものの、今年は全10チームが、ピレリの開発プログラム向けににミュールカーを提供することになるという。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します