サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ発動機、ティアフォー:工場内物流の自動運転化を目指し自動搬送ソリューションの合弁会社を設立

ここから本文です
ヤマハ発動機とティアフォーは、工場敷地内をはじめとしたモノの自動搬送ソリューション事業を行う合弁会社「eve autonomy(イヴオートノミー)」を設立し、4月から稼働する。

 eve autonomyは、ティアフォーが開発を主導するオープンソースの自動運転OS 「Autoware」の技術と、ヤマハ発動機のランドカーをはじめとした高い信頼性を持つ車体開発技術を掛け合わせることで、誰にでも扱いやすい自動搬送ソリューション開発を推進する。また、工場内物流の需要変動にも対応できるよう、初期費用を抑えることが可能なサブスクリプション型のサービス開発・アフターサポートの提供も目指す。

おすすめのニュース

サイトトップへ