サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダ、新車RB16で走り初め! シルバーストンでシェイクダウン実施

ここから本文です
 2月12日に2020年F1マシン『RB16』を公開したレッドブルは、シルバーストン・サーキットでシェイクダウンを実施。タイトル奪還を狙うニューマシンで記念すべき初走行を行なった。

 レッドブルはいわゆる“フィルミングデー”と呼ばれるプロモーション活動日を利用。マックス・フェルスタッペンがRB16に乗り込み、シルバーストンを周回した。なおこのフィルミングデーでは、レース時とは異なる特別仕様のタイヤを使わねばならず、走行距離も100kmまでと制限されている。しかしながら、マシンのシステムチェックをする上では、有益な走行ができるはずだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ