サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【三菱ふそうに聞くトラックデザインの奥義】その2:電動化の未来に向けたトラックの形とは

ここから本文です

『その1』ではブラックベルトと呼ばれるフロントフェイスのアイデンティティに焦点を当てて、三菱ふそうのデザインを率いるべノア・タレックに話を聞いた。今回はそこからもう少し未来に、話題を広げたい。

◆ゼロエミッションの未来に向けて

『その1』でタレックは「デザインを変えるのは、技術や効率性の観点で意味があるときだけだ」と語った。モデルチェンジしてもドアはキャリーオーバーという例が多いトラックの世界で、ドアを新開発する必然性が生じるとしたらやはり空力の観点からだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン