サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型SUV「アティバ」爆誕!ダイハツ「ロッキー」と激似!? 突如登場した新SUVとの違いは?

ここから本文です

新型SUV「アティバ」爆誕!ダイハツ「ロッキー」と激似!? 突如登場した新SUVとの違いは?

■ロッキーをベースにした新型「アティバ」とは?

 昨今人気のコンパクトSUVですが、そのなかでも全長4mを切るモデルであるトヨタ「ライズ」とダイハツ「ロッキー」が売れ筋モデルとなっています。

スズキが新型SUV「エスプレッソ」発売! 超小型SUVで若者需要を狙う

 2019年11月に発売されたライズ、ロッキーですが、とくにライズは月間販売ランキングで常に上位に入るほどの大ヒットモデルとなりました。

 じつはライズは、新型ライズは、軽自動車の開発を得意とするダイハツが開発をおこない、トヨタへOEM供給するクルマです。

 近年のダイハツは、「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)」を取り入れた新世代のクルマ作りをおこなっており、国内では2019年7月の「タント」、同年11月のライズ&ロッキー、2020年6月の「タフト」でDNGAが採用されました。

 そして今回、海外で初となるDNGAを採用したモデルが誕生。ダイハツとプロドゥアが共同で開発したコンパクトSUVとして新型「アティバ」がマレーシアで発売されました。

 新型アティバはロッキーをベースとしていますが、両車の違いはどこにあるのか比較してみます。

 まず両車で異なるのがボディサイズです。新型アティバは全長4065mm×全幅1710mm×全高1635mm、ロッキーは全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mmと、アティバのほうが全長70mm、全幅15mm、全高15mm大きく設定されました。

 日本では、5ナンバーと3ナンバーの区分があり、排気量が2リッター超、全長4700mm超、全幅1700mm超、全高2000mm超のどれかひとつでも該当すると3ナンバーになります。

 これに当てはめると、全幅1695mmのロッキーは5ナンバー、全幅が1710mmの新型アティバは3ナンバーということになりますが、両車ともにコンパクトで取り回しがしやすいサイズで、小回り性能にも優れている点は変わりません。

 新型アティバとロッキーは、デザインにおいても違いがみられます。

 フロントフェイスは、両車とも存在感のある六角形の大型グリルを装着していることは同じですが、新型アティバのほうがやや横長になっており、ヘッドライト内側までグリル両端が延長されています。

 またグリルは、ロッキーが横基調のピアノブラックのグリルであるのに対して、新型アティバはさらにメッキ加飾が追加されるなど華やかさな印象です。

 フォグランプ部分の形状も異なるほか、新型アティバはフロント下部にシルバーのスキッドプレートが備わるなど、SUVの力強さをより感じさせるスタイルとなっています。
 
 リアのデザインは基本的には同じですが、リフレクター周りの処理の違いや、新型アティバはテールランプをつなぐガーニッシュにメッキ加飾が追加されるとともに、フロントと同様に下部にシルバーのスキッドプレートが設定されました。

 なお、車両前後に装着されるエンブレムは、ロッキーはダイハツの「D」をデザインしたものが装着される一方、新型アティバはマレーシアで販売を担当するプロドュアのエンブレムとなります。

 内装は、エアコンの操作パネルが若干異なるくらいで、ほぼ同じです。シート表皮は、新型アティバは大胆な赤いアクセントが施されたブラックレザーのシートが設定されており、ロッキーは、標準的なファブリックやファブリック×ソフトレザー調シートが用意されました。

※ ※ ※

 新型アティバの名前の由来は、Advance・Technology・Intelligent・Versatile&Adventureの頭文字を取った言葉で、同車の持つ魅力とアクティブなライフスタイルを表現したといいます。

 一方のロッキーは、英語の「岩石(Rocky)」に由来しており、岩が川を流れるにつれて洗練される(丸くなる)ように、力強さを内包しながらも洗練された印象を表現した名称としています。

■パワートレインは同じでも、駆動方式に違いが…

 パワートレインについては、新型アティバ、ロッキーともに、1リッターターボエンジン+CVT(D-CVT)を搭載。1.5リッタークラスの動力性能を確保し、加速性能が向上しました。

 また、DNGAにより新開発したスプリットギヤを用いた技術を採用したD-CVTは、変速比をワイドレシオ化することで燃費性能や静粛性にも貢献します。

 一方、駆動方式は両車で異なります。新型アティバは2WD(FF)のみですが、ロッキーは2WD(FF)と4WDを用意しました。

 ロッキーの4WDは電子制御式カップリング機構を用いた新開発の「ダイナミックトルクコントロール4WD」を採用。

 走行状態や路面状況を検知し、ECUで前後輪に細かなトルク配分をおこなうことで、安定した走行を可能としました。

 また、滑りやすい路面では後輪駆動力を高めることでスリップを抑制し安定性を向上させるとともに、滑らない路面では後輪駆動力を下げることで燃費向上に貢献します。

 安全装備として、両車には衝突回避支援システム「スマートアシスト」が設定されました。なお、新型アティバでは「アドバンスドセーフティアシスト」という名称になります。

 ロッキーの安全装備は、衝突回避支援ブレーキ機能やブレーキ制御付誤発進抑制機能、車線逸脱抑制制御機能、全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(上級グレード)などが標準装備されます。

 新型アティバの安全装備も充実しており、マレーシアに合わせた設定の衝突回避支援ブレーキ機能を標準装備。

 車線逸脱抑制機能も全車標準で装着されるほか、最上級仕様グレードのみにはなるもののアダプティブクルーズコントロールも装備されます。

 価格についてはどうでしょうか。新型アティバの価格は6万1500リンギットから7万2000リンギット、日本円で約162万円から約189万円と、国民車に相応しいリーズナブルな価格としました。

 ロッキーの価格は170万5000円から236万7200円と、エントリーグレードについてはそれほど差がありませんが、上級グレードでは47万円ほどの違いがあります。

 これは、新型アティバが現地のプロドゥア・グローバル・マニュファクチャリングで製造されることや、日本のロッキーには4WDが設定されていることなどが要因として考えられます。

※ ※ ※

 プロドゥアは、1993年にダイハツとの協業により創業した、小型車を中心としたマレーシア第2の国民車メーカーで、2006年から2020年まで15年連続でマレーシア国内販売シェアトップを獲得しました。

 そんななか登場した新型アティバは、2021年2月19日に注文受付を開始して、これまでに約5000台を受注するなど、好発進を記録しています。

 世界的に人気の高まっているSUVの新型車であるアティバを皮切りに、ダイハツはDNGA採用モデルをアセアンを中心とした新興国へ展開していく予定としています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します