サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 10万キロオーバーでも100万の価値!? デビュー8年後の86の買取価格とは

ここから本文です

10万キロオーバーでも100万の価値!? デビュー8年後の86の買取価格とは

あの時、超流行ったクルマって今一体いくらの値打ちがあるんだろう? なんてオーナーじゃなくとも気になるモノ。この企画はテレビでよくある“あの人は今”のクルマ版的な感じで昔流行ったクルマの“今”(買取相場)をお届け。今回は、トヨタとスバルが共同開発した86。

中古価格は超お手頃! 若年層も買いやすくなったゾ

高剛性・軽量・コスパ大! スーパーGTの技術を市販ホイールにフィードバックした「WORK EMOTION ZR10/WORK」

スバルとトヨタが共同開発し、2012年にデビューしたライトウェイトスポーツの86は久々に日本メーカーからデビューしたスポーツカーとして当時かなり話題となった。

かつて存在したAE86型カローラ レビン・スプリンタートレノのいわば現代版といったイメージで、当時を知る4,50代はもちろんのコト、若い世代にもスポーツカーを! というコンセプトの元生まれたクルマだ。

とはいうものの新車価格241~305万円とさほど安くなかったためか、オーナーの平均年齢は予定していたほど若くはなかった。ところが、現在100万円そこそこの中古車も出てきたことからも今になって若いオーナーも増えてきたという。

高値はレッド! 170万円の個体も!

そんな86もデビューから8年弱、一体今の買取価格はいかほどのモノなのか。

今回は2016年にエクテリアを中心にビッグマイナーチェンジを果たす前の前期モデルにフォーカス。リアルなお値段をお伝えするべく、走行距離は5万以上の個体とする。

5~6万キロの個体は150~170万円で取引されており、高値がつきやすいのは中級グレードのGのMTモデル。人気のボディーカラーはレッドやホワイト、ついでブラックという順だ。ATモデルは140~150万円と少々低いイメージ。

一方、走行距離10万キロ以上で見てみると90~110万円で取引されている個体も少なくない。中でも取引額が少々落ちてしまうボディカラーはブルーで、人気のレッドなどと比べると1割程度安い価格で取引されている。

ちなみに兄弟車のスバル BRZも5万キロ以上の個体で見てみると、150~170万円程度と86と同じながら、WRブルーが最も高く取引されている。やはりスバル=WRブルーというイメージが強うからだろうが、ここまで違うとは。

いずれにしてもデビューから8年、そろそろモデルチェンジか? というウワサも絶えないだけに今こそ売り時かもしれない。

86前期モデルの詳細はコチラ▼

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します